MasahiroOhta

ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償のMasahiroOhtaのレビュー・感想・評価

3.8
こないだ観た「ステーキレボリューション」にも通じるんだけど、いわゆる「グローバリゼーション」「資本主義」全体の話を、一つの産業構造にフォーカスしたときどう見えるのか?というドキュメンタリー。
この手の、ともすると「社会正義を振りかざしてる」ととられかねないものを作品にしようとしたとき、ポイントになってくるのは素材の選び方・切り取り方であり、尚且つ、直接的にコメントやナレーションで表すのではなく「かいま見えてしまったもの」こそが一番雄弁に語ってくれるんだろうなぁと思った。
勿論いろんな人に言い分はあって、「それはその通りだよねぇ」と思うんだけど、結局、根底には教育の問題があるんだよなー。
こういう作品で世に問うことも大切だけど、搾取されてる側が「搾取されてる」ということに無自覚なうちはどうにもならない。ただ、言うまでもなくそうしたことを教育すること自体にも膨大な「コスト」がかかるし、ソレって誰が負担すんのさ?って問題もある。
どこまで行っても、何をやっても「コスト」から逃げることはできない。