すったけ

ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償のすったけのレビュー・感想・評価

4.6
服を代表として取り上げてるけど消費資本主義のシステムに異議を唱える映画だね。
そもそもGDPで国の経済を比較する現在のシステムは現代社会に合ったものなのか。国全体でGDPを押し上げるために消費を促すことが本当に良いことなのか。
自分も消費をする事で経済効果を生み出してると思ってたけどそのことによる代償なんて全く考えてなかった。
後進国の人達が低賃金で雇われていることは多くの人が認知してるだろうけど誰も労働環境を気に留めてないと思う。先進国に生まれた人たちは産まれながらに既得権益を得ていると感じた。
ファストファッションには全く興味無いし服も2年くらい買ってないがこれからは服も車もシェアする時代になってくると思う。それによって所有物も少なくなるだろうし、欲しくも無いモノを買う必要がなくなりより豊かな生活になると思う。
モノからコトに金を費やすようになってきていると言われるように消費することが幸せだと感じる人も少なくなるだろう。現代の経済を批判し資本主義の在り方を見直す必要がある。