ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

祭りの情動と無軌道な暴力が親和性をもって画面に立ち現れる様に、人間は根本的に暴力的であることを改めて感じさせられました。伝統として受け継がれた祭りにもその血なまぐささがにじむ。暴力的になることは容易い。

バイオレンスを引きの1カットで見せるのは、派手さ(痛さと言ってもいいかも)が削がれる側面はありますが、街角で傍観しているような感覚をもたらす面もある。

彼らの暴力を画面のこちら側で観ていると、あっちの見物人たちと同じように、いきなり胸ぐらを掴まれて「お前も同じやろ?」と迫られる、非常に凶暴な映画。
nt

ntの感想・評価

1.0
柳楽優弥の良さだけ
池松壮亮、北村匠海、菅田 将暉、柳楽優弥、小松菜奈、村上虹郎。
↑ちゃっかりすき順。笑
なにこのキャスト、最高じゃん!!!

何があったん。何がそうさせるん。
こんな世の中いやや。嫌すぎる。

終始ずっと暴力、騙し、見下し、暴力。
救いようがなくて、辛すぎる108分だったけど。だけどただの暴力映画だとかサイコパス映画だなんてまとめてはしまいたくないと思う程、意味を探さずにはいられなかった。わたしは、観てよかった。

内なる衝動や欲求は、人間みんなあるのかも。隣り合わせの弱さも。
だけど踏みとどまらなければいけない。
何があっても。 何があっても。
taku

takuの感想・評価

3.0
なんか内容的には私の好きなタイプではない。
これが日本のリアルな喧嘩のレベルなのかなと思った。
カナダと桁違い。

ただ、北村匠海バカイケメン。この時。

私の中での北村匠海絶頂期は彼が高3の頃だな。やっぱ。

菅田将暉もイケメン。キャストすごいし、演技力がすごい。
すごいしか語彙力ない。
主演の柳楽優弥の演技は噂通り凄かった。

逆にお調子者の菅田将暉が中盤以降キャラが豹変するのが不自然でキレ演技がひたすら喧しく不快だった。

内容は薄っぺらで柳楽優弥が主演じゃなければもたなかったと思います。

自分は邦画音痴なんですが柳楽優弥って凄い俳優だなと思いました
remonn

remonnの感想・評価

3.6
小松菜奈の可愛さに気づきました
ひで

ひでの感想・評価

3.7
引きで撮る画が多いのにも関わらず、柳楽優弥の圧倒的な存在感が際立ってた。
CK

CKの感想・評価

3.5
菅田将暉を観ると嫉妬する。

この映画はただただクズ。


バイオレンス&バイオレンス


小松菜奈は可愛い。
tthk

tthkの感想・評価

3.0
柳楽優弥の存在感がハンパない。一挙手一投足から目が離せない。

ただ、ストーリー的には菅田将暉がゲス過ぎてドン引きなのと、それがやられるところがカタルシスを感じるところなので、実は菅田将暉と小松菜奈がいれば良かったりする。

あと、小松菜奈がエロかわいい。
>|