ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松…

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた―。

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

oym

oymの感想・評価

3.0
苦手なひたすらに暗い映画だった
でも柳楽優弥のかっこよさで観れる
愛媛の害虫
あべ

あべの感想・評価

3.0
村上虹郎と小松菜奈
最高
めっちゃよかったんですけど
大和の血に眠る暴力性を祭りに昇華するか、現代の病とするか
傑作だと思います
浅彩

浅彩の感想・評価

3.0
暴力が本当の意味で何も生まない
義憤もなく何かの代替でもなく人生の価値のためでもなく
社会から切断されて何もなくなった空間でただ暴力が現れては消えていくだけの映画
どうしてこうなった、
見終わった後に考える。
狂ってる目が印象的
おぴ

おぴの感想・評価

1.2
ようわからん。自分の理解力が低いんですかね。
ryoko

ryokoの感想・評価

2.0
あの兄弟はどうやって育てられたのかを知りたくなった。(そこ!?笑)
>|