ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松…

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた―。

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

菅田将暉にも良いところあるし向いてる役があるはず。この映画じゃなかったけど。。
格闘技にはないリアルな喧嘩感と
柳楽優弥の怪演があいまってやばかった。
後、小松菜奈ちゃんも引き出し多いなと改めて気づいた。
柳楽くんの行動は全く理解できないし、取り巻く奴らもクズばかりなのに、何でか力強い演出に引き込まれていく。

この世界・社会に対し、フラストレーションを募らせている若者たちが、それを壊さんと発散させていく姿を描く本作は、
エンターテイメント性を削いだ『太陽を盗んだ男』と言い換えられるからか。

また、SNSが当たり前となり、横との繋がりが太くなった世界に生きる若者は、自己顕示欲を満たすための方法が多様になったことで、異常性が増しているのかもしれない。
それらの点で、脚本家の喜安浩平氏は、『桐島、〜』といい、本作でも若者世界をリアルに綴っている。

つまりこれは、現代社会への警鐘であり、
単に面白い・痛々しいでは片付けられないテーマを内包していると思った。
SaKityy

SaKityyの感想・評価

3.1
世の中、理解不能の基地外もいるから、いつ狙われてもおかしくないって教えてくれる映画。
それにしても、池松壮亮は弱かったけど、かっこよかった

このレビューはネタバレを含みます

演技は上手いけど内容自体は…
前半、菅田将暉が小松菜奈に暴力
後半、小松菜奈が菅田将暉に暴力
リク

リクの感想・評価

-
2017,63本目
暴力の描写がエグい。

柳楽優弥くんの演技力はもう言うまでもないけど、ここで気になったのは菅田将暉くんと池松壮亮くん…あ、セトウツミ見たあとだから尚更だな_(┐「ε:)_

実際に血みどろの殴りあいなんて目撃してもひくだけやろけど、映画でこれほどリアルな暴力描写をされてると目が離せないのはどうして?やっぱり映像や音楽や役者の演技やらが凄いからなんかなぁ。

「楽しければええけん。」

でも北野監督の映画とか好きやけど、なんかこの映画は期待してたのと…ちょっとちゃうかったかな。
演者達の凄まじい演技力
最後の神輿のシーンと柳楽くんの暴力のシーンのリンクしている感じが良い。
にこ

にこの感想・評価

2.0
嫌いじゃないけど好きでもなかった。
柳楽と菅田がなんとも言えんええ感じ

暴力シーンが長く続くとしんどいと感じるタイプなので疲れました。


個人的には池松壮亮、優勝
>|