ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松…

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた―。

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

柳楽優弥がひたすらストリートファイトしてます
ウエダ

ウエダの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

話題になっていたので予告編をみて本編を鑑賞しましたが、予告編でみたところが作品の盛り上がりほど悲しいことはありません。
「ここから盛り上がって、、あ、これ予告編でみた」
を何度も感じました。
喧嘩のダラダラした感じや繁華街の鬱々しいところはうまく表現されていましたが、ネットで主人公たちの素行が広がる演出が急にダサくて萎えました。
喧嘩のエグさを売りにするなら予告編以上にエグいシーンが無ければ驚きもクソもないですね。
ですが柳楽優弥の演技は本物で、作中の動きに関しては本当に生々しかったです。

ふらりと映画館に入ってこの作品と出会うのが一番好ましい出会い方かと。(予告編をみてはいけない)
柳楽すごいな、かなりモンちゃんだった

新井英樹のファンムービー
13

13の感想・評価

-
退屈だし胸糞。
向井秀徳の歌が良かった。
映画としては本当クソみたいな主人公一味の不愉快な暴力映画でしたが、菅田将暉の演技の上手さだけが印象に残りました。この人すごいですね。
daiki

daikiの感想・評価

3.0
柳楽優弥がひたすら人を殴り続ける映画。リアル龍が如くかっていうくらい殴る。
そして猛獣使いになったつもりの菅田将暉、女子高生にハイキックかますところはちょっとワロタ。小松菜奈の乳を揉むシーンをさらりとやってのける彼、さすがの一言w

様々な種類の悪が出てくるけど、最も酷い悪は小松菜奈かもしれない。
wami

wamiの感想・評価

3.4
ストーリー6
キャスト10
映像4
音楽4
またみるか4
プラス要素6
ねろ

ねろの感想・評価

2.0
今ひとつメッセージ性も感じられず
終始胸糞悪さが目立つ

とりあえずバイオレンス!みたいな
四流青年誌の10話打ち切り漫画かな?
>|