ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松…

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた―。

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

まいか

まいかの感想・評価

3.0
菅田くんのグズっぷり最高。
でい

でいの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

弟が向こう側の人間にならなくてよかった〜 そこだけが救い
hamayyan

hamayyanの感想・評価

2.5
ディストラクションベイビーズ。小松菜ちゃんシリーズ。苦しいなぁこんな家。柳楽優弥昔好きじゃなかったんだよねー。しかしまぁクズ極まりない。こういう人間がいると思うと、世の中腐ってるなと思うと同時に、私なんかはまともすぎるなと思う。伝えたいことが何なのかよく分からないなと思いました。

**********

流石に暴力する人の気持ちは分からない。
久しぶりに見た人間のクズ。

公園で寝っ転がるのいいな。
ナナとかユウヤとか。
ごはんどうしてんだろ。
髪の毛結ぶ系男ね。
意外とみんな素手なのね。

次第に不協和音的なBGM慣れる。
カエルと虫の音が今私の住んでるところと同じすぎて笑う。

小松菜ちゃんあー可愛い。
口を触る仕草、好き。
小松菜ちゃんが出てなかったら確実に見てない。
出番多くないのが残念。
この後に溺れるナイフか。
役者ってすごいのね。

**********

きちがいなんだよ。

しんでまうけ。

経験値来た経験値来た

楽しければええけ

もうええ

「ディストラクション・ベイビーズ」=「破壊的な(気晴らしする)赤ちゃんたち」という意。
これを見てすごく納得をした。

ひたすら喧嘩をするのは、ただただ喧嘩が楽しいだけなのだ。それ以上それ以下、なんてことは何一つないのだ。

菅田将暉のクズっぷりは本当に正真正銘のクズ。小松菜奈もかなりのクズ。
可愛い女は、信じてはいけない。嘘かどうか疑うことは重要である。

出演者全員がクズでした。
R指定つくほどの暴力シーンの数々。

柳楽優弥はほとんど喋らない。
なのに、この存在感。すげえ……
melody1234

melody1234の感想・評価

3.4
唯一まとも?!だった村上虹郎君に救われた。
柳楽優弥…。
あ〜そういえば地元にも昔こういう奴1人はいたな〜と思い出しました。
あそこまでじゃないけれど😂
ひろと

ひろとの感想・評価

4.5
(めちゃくちゃ支離滅裂です、、、。)

楽しんでる人は楽しそうに見える。
人が集まってくるのはそういう人。
柳楽優弥の場合はそれが暴力だっただけ。
柳楽優弥の場面は白黒映画みたいに、セリフがろくに無く、音楽もないくせに明らかに何かの意図をすごく感じた。

本気で楽しんでる奴には自分が何なのかどうでもよくて、誰かがそれを利用しに来ようが関係ない。
魅力溢れる人は自分が楽しんでるに尽きる人。

結局最初の起爆剤になる人は極小数で、ちゃんと自分が何してるか分かっててやってる。でも、その流れに乗る小さな取り巻き達は自分が何してるかなんか分かってないと思う。
そして、気づいた時には降りられなくなるか、降りるには対価が必要になる。
まさに神輿なのかもしれない。

最初に観たのが10代最後の1週間で、事ある事にフラッシュバックしてた。
1回目と違って笑ったし泣いたりもした。
柳楽優弥こんなかっこよかったっけ。

(あと、菅田将暉の制服にブーツは意味わからんって思ってたけど、菅田将暉が終わってくにつれて異様にブーツが似合うようになってたのが好きだった)
狂気 迫真の演技。
>|