ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:108分
    監督
    真利子哲也
    脚本
    真利子哲也
    喜安浩平
    キャスト
    柳楽優弥
    菅田将暉
    小松菜奈
    村上虹郎
    池松壮亮
    北村匠海
    三浦誠己
    でんでん
    あらすじ
    愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた―。

    「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

    肩
    3.8
    暴力的なシーンが多いけどリアリティがあった。役者が良い。小松菜奈の色気。
    KAMIKI
    3.7
    理由なんて必要ないのかね
    狂気が終始滲み出てる

    小松菜奈ちゃんがいい!
    ゆめ
    3.0
    まじきちアンドまじきち、そしてまじきち
    祭りになるとでてくる怖い人たちは普段なにしとんやろな〜〜

    場所がわかっておもしろい
    柳楽くんすげぇ。菅田くんすげぇ。
    ほなみ
    3.8
    柳楽優弥すごい!
    殴って殴って殴られて、本当に楽しそうで怖かった。無言で殴っているところも怖い!
    こういう人がいるかもしれないのが怖い
    deruta
    3.3
    どこからそんな怒りが湧き出てくるのか、狂ったようにひたすら殴り続ける柳楽君
    目や表情、存在感がいっちゃっていた
    演技だと思うと素晴らしい

    内容は殆ど無くて、ひたすら暴力
    結構しんどいけど、個々の役者が良かったので見入ってました
    自分の存在意義を見失うと人間って怖い
    とにかく殴る。理不尽な暴力。
    見入ってしまう、魅力はあった。

    男2人ともクソ野郎だったけど、
    柳楽優弥はどこかかっこよく見える。
    18
    -
    鑑賞記録
    YutoNose
    2.0
    2017/7月24日(月)
    >|