ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松…

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた―。

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

Azusa

Azusaの感想・評価

3.6
痛い苦しい
柳楽優弥すごい

弟、強いな
はな子

はな子の感想・評価

2.5
うーんイタイ
ふみ

ふみの感想・評価

3.5
柳楽優弥と結婚したい
記録用

暴力のシーンが多いけど
柳楽優弥も何考えてるのか最後まで
分からなかったけど

演技が凄すぎて
生々しいというかリアルだった。

エンディングの向井秀徳の歌が
合っててすごく良かったです
Hani

Haniの感想・評価

4.0
終始喧嘩映画でした。人間皆狂気に満ちているとこんな感じなのか、と。嫌いじゃないですこういう作品。
柳楽優弥が正体不明のモンスターになるまでのエピソードを省いているので余計に不気味である。内容よりもひたすら「行為」を愉しむ映画…といったらいいかな。限りなくドキュメンタリーに近い感触の画面から伝わる緊迫感は並大抵のものじゃない。

延々と暴力の不快感を見せつける辺りはミヒャエル・ハネケ的アプローチかも。まあ、賛否両論別れる映画なんだろうけど寧ろ監督がそれを意図してのことなんだと思った。あと菅田将暉がゲス過ぎる。彼のほうがよっぽど柳楽よりも怪物的だ。彼に裏アカデミー助演男優賞を献上したい。
愛媛治安が悪い…
>|