ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松…

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた―。

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

Azusa

Azusaの感想・評価

3.6
痛い苦しい
柳楽優弥すごい

弟、強いな
ぴこ

ぴこの感想・評価

3.5
こわいこわい。柳楽優弥の表情やべー!すげー!暴力はあんまし得意ちゃうけど、なんかただの暴力じゃなかった。気付いたら口あいて観てた。猟奇的とも快楽とも違う何か。なかなかすごい映画やった。邦画もやるやん。私やったらこうしたるのにと思って観てたら、小松菜奈が同じことしてくりびつ。私も才能あるかも。
あと、池松まじかっこいい。
虎氏

虎氏の感想・評価

2.5
四国を舞台に、冒頭から主人公達の喧嘩シーンがひたすら続く。
無差別に喧嘩を仕掛ける主人公には身勝手さしか感じられず、友情や恋愛、仁義等が軸となる"不良映画"のようなカッコよさや面白さは全く無い。全編に渡って不快感が続くのだが、特に主人公に感化されて仲間となった菅田将暉演ずるキャラが、無差別に女性を殴りまくるシーンはどん引きであった。
一方、小松菜奈が演ずるホステスは、運悪く主人公達に拉致されるのだけど、喧嘩シーンの合間に彼女の万引きシーンが何度かある為、素直に可愛そうだとは思い難かった。この悪癖に関する事由を描いているわけでもない為、必要な設定だったのだろうか?と思う。

結局、何を描きたいのか解らない作品だった。物語の最後にお祭りの神輿バトルのシーンが有るのだが、参加者達の昂揚感を見せる事で何かを伝えたかったのだろうか?
‪劇中2時間、主人公が人を殴り、そして殴られる。無口で暴力的な柳楽優弥、めちゃくちゃカッコいい。

殴り殴られる時に漏れる声以外、ほんとに1時間くらい喋らない、、(笑)
kujira1118

kujira1118の感想・評価

3.7
極致的で好き ナンセンスと言っていいのか分からないけど
AVENTURiER

AVENTURiERの感想・評価

2.5
ナチュラルボーンキラー的な理由なんてない暴力を振り撒く映画で、コンセプト自体に新しいモノは感じない。
喧嘩シーンがヒーロー映画的なカッコよさがなく、泥臭い感じでリアルだった(殴り合いしたことないけど)
役者さんは皆さん若手でも、しっかりとした演技をする方ばかりでよい。
特に小松奈菜さんの悪っぷりがよかった。万引きするシーンや、キレて暴力ふるうシーンも。
彼女は清純な役より、闇を抱えた役が似合う好きな女優さんです。
とんでもないストーリーだけど、
キャスティングが豪華。

菅田将暉の太鼓持ちっぷりからの変貌が見事( ^ω^ )
興味深い感性を持った監督さんだな。
mo

moの感想・評価

4.0
18歳くらいの内から出てくるありとあらゆる感情を暴力で表現してるって感じがした。
小松菜奈ちゃんのクソっぷりが最高で「生理なんやない?」のセリフは神でした。

菅田将暉さんと小松菜奈ちゃんの暴力には説得力があるのだけど、柳楽くんのは何で?って感じで、そんなこと考えるのも野暮なのかな。狂気ってこと?

ずっと暴力だけど飽きずにずっと面白かった!好きな映画でした!
>|