ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.4

あらすじ

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

kazu

kazuの感想・評価

3.3
記録

こんなしつこいの居たらヤクザでも嫌がるでしょう。
ひで

ひでの感想・評価

3.7
引きで撮る画が多いのにも関わらず、柳楽優弥の圧倒的な存在感が際立ってた。
CK

CKの感想・評価

3.5
菅田将暉を観ると嫉妬する。

この映画はただただクズ。


バイオレンス&バイオレンス


小松菜奈は可愛い。
tthk

tthkの感想・評価

3.0
柳楽優弥の存在感がハンパない。一挙手一投足から目が離せない。

ただ、ストーリー的には菅田将暉がゲス過ぎてドン引きなのと、それがやられるところがカタルシスを感じるところなので、実は菅田将暉と小松菜奈がいれば良かったりする。

あと、小松菜奈がエロかわいい。
ns

nsの感想・評価

3.6
良かった。全員良かったけど小松菜奈が特に好き。「怒り」もそうだけど、突然癇癪を起こして人に暴力を振るうようなことは当然許されなくて、その時のその人の心情とは無関係に悪である、というのが共通の価値観・倫理観として浸透してる中でこういう映画があるのはとても良いなと思います。知識として、何かを考える一助になったりならなかったりするかなというかんじ。でも暴力はダメ🙅‍♀️
菅田将暉がうるさい
シフ

シフの感想・評価

3.8
見てる途中で、あっ、これは新井英樹『ザ・ワールド・イズ・マイン』が下敷きになってるんだとわかり、全くセリフのない主人公がどういう存在なのか腑に落ちた。バディムービーになってくるあたりなんてまんまじゃないか。

向井秀徳の音楽かっこいい。そう言えばナンバーガールのPVもこんな感じの多かったよなぁ。
なざ

なざの感想・評価

3.7
本当に不快(褒め)
狂気の伝染
柳楽優弥が凄すぎる
aika

aikaの感想・評価

3.5
記録用
みず

みずの感想・評価

3.2
登場人物の描き方が人間として破綻してるし
焦点を様々な所に当てすぎてるし
狂気的な生々しさを描きたいのであれば
SNSとかのあの手の込んだ映像とかミスマッチだし。
意味が分からないけど素敵っていう映画を目指したいのであれば、意味は分かってしまっているし。
作品の意味は分かるけど、映画として何がしたいか分からない映画だと思った。

でも柳楽優弥さんの役が、なぜこうなったかを説明せず同情を買おうとしていない部分は良いと思った。

役者の底力でこれを形にできたからよかったけど
きちんとした作りの作品でこのキャスティングなら
死ぬほど良い映画が撮れることは間違いない。
>|