ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.3

あらすじ

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価


キャストの豪華さは
素晴らしいです

今話題の柳楽 菅田 小松 村上
みんな主役級のキャストでしたが
内容はひねりなどなく
とりあえず暴力と人が皆持ってる
弱い部分を強調してる
映画でした。

嫌いではないけど、、ね
萌

萌の感想・評価

3.0
小松菜奈がただただかわいい
キャストはいい
のる

のるの感想・評価

3.5
ただただ喧嘩する話。…出てる人達がよかったから観たけど普通やったかな〜。

柳楽くんほとんどセリフ無かったのになんか凄かった…やっぱり好き
Haheya

Haheyaの感想・評価

2.8
なかなかのハードさ。
溺れるナイフを先に見てるだけに、今回の2人の感じは斬新だった。
なんとも言えない無力感が残った。
はせ

はせの感想・評価

4.0
真利子哲也監督・脚本作品。共同脚本に『桐島』の喜安浩平。柳楽優弥主演。菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、でんでん、池松壮亮共演。真利子哲也の商業デビュー作品。主人公の理由なき暴力が、周囲に伝染していく。『宮本から君へ』監督の前作ということで鑑賞。

柳楽優弥扮する芦原泰良は松山市の小さな港町で喧嘩に明け暮れていた。彼は松山の中心街へ出向き、強そうな相手を見つけては喧嘩を売り、打ちのめされても食い下がって必ず再挑戦する。泰良(たいら)といい素人の路上ファイトといい『ファイト・クラブ』を思い出す。『ファイト・クラブ』の通行人はビビるだけで戦ってくれず、タイラーの命令通りわざと負けるのは中々難しそうだったが…。

1日に3回は戦うと決めているストイックな泰良は着実に強くなり、一度負けた相手に勝利する姿には格闘漫画的な面白さがある。しかし物語に菅田将暉扮する裕也が合流してからは、暴力の本質的な不快さが浮き彫りになる。泰良の暴力に酔いしれていると、不意にその事実を突きつけられる。

真利子哲也の過去のインディーズ作品は観ていないが、新井英樹にかなり影響を受けているようで、小松菜奈扮する那奈を巻き込んだ終盤は『ザ・ワールド・イズ・マイン』のようだ。那奈の仕打ちに関しては、性格の悪さを差し引いても悲惨だ。若手俳優達の怪演に魅せられる、不快極まりない傑作だった。不快といえば裕也や健児達を初めインタビューを受ける女性に至るまで、知性をどこかに置いてきたかのような、若者たちの話し方も恐ろしく不快だ(伊予弁が不快な訳ではない)。

「楽しければええけん」
「何が楽しいんよ これ…」
yuya

yuyaの感想・評価

2.8
ただただ終始モラル崩壊してる映画

こーゆー映画を自分は決して良い目線では観れない。いくら役者陣が良くてもね
eno

enoの感想・評価

-
一人で主役張れる人ばっかり...
終始暴力ばかりだしあまりにも理由が無さすぎてコバエのようだった、無理
柚子

柚子の感想・評価

3.5
殴る、蹴る、突く…
暴力の連鎖に、日常と狂気は地続きであると実感した。

泰良(柳楽優弥)が喧嘩を売る相手は強面の兄ちゃんだったり、向こうからちょっかいを出してきた奴なので不思議と嫌な気にはならない。
対して、裕也(菅田将暉)は虎の威を借る狐のごとく無抵抗の人や女性ばかり狙う、どうしようもない奴。
那奈(小松菜奈)は、被害者なのに同情はできない嫌な女。
理不尽な暴力とそれを上回る理不尽に、『ノーカントリー』に近いものを感じた。

全員新進気鋭の役者揃いだけど、実際に愛媛であの生活を送っていそうと感じさせる演技力と表情の作り方が好き。
エンタメとして楽しめる作品。
このカルピス水入れすぎじゃない?ってくらい
薄い内容。笑

喧嘩シーンはリアルだなぁー。
殴った時の音すごいリアル。
主人公の目のギラつき方ヤバイ笑
>|