ディストラクション・ベイビーズの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ディストラクション・ベイビーズ2016年製作の映画)

上映日:2016年05月21日

製作国:

上映時間:108分

3.3

あらすじ

「ディストラクション・ベイビーズ」に投稿された感想・評価

鎌鼬

鎌鼬の感想・評価

3.5
泰良は正義なのだと思った。暴力という一つの道具でしか生きていけず、目的もゴールも無い。狂っているんだけどある意味純粋であり、対する菅田将暉や北原拓海、小松菜奈らが私たちの縮図だと思った。汚くて醜くて逃げてばかり、嫌なことからは目を背け、素知らぬ顔で生きている。深読みしているとは思うが、本来の人間性を描いているようで観ているのが辛かった。
弟将太は神輿を担ぐのか、兄と同じ道を進むのか。そして、泰良が戻って来た意味、その理由は何であるか。
すごくリアリティのあるストーリーで、こういう人生もあるのか〜と思いました。

そして俳優さんたちの演技力がすごかったのと、豪華なキャストで作り込まれた世界観が素敵でした。

ただ、最後が少し謎で物語の結末も謎でした…
ずっと”狂気”
みんな”狂人”

この映画に視聴者の味方はいないと思った

登場人物の行動を自分が理解できないってことにホッとしてしまった
いづる

いづるの感想・評価

3.0
キャスティングの魅力で星3。バイオレンスは嫌いではないけど、ストーリーは「??」だった。
柳楽さんと菅田さんは終始圧倒的。車のスピードが加速していくなかの柳楽さんの表情好きです!
ai

aiの感想・評価

1.5
そんなに殴り合いたいならボクシングすればいいのに。というのが最初の感想。で、最後までそれは変わらなかった。人間味が感じれなかったせいかな。
ひたすら殴り合い
「18歳になると神輿を担がないといけない」と里親のでんでんが言う。地域の祭りが更地の上に新しいトラウマとして植えられるまでの過程を弟が辿り直す。スポーツにしろ通過儀礼にしろデモンストレーションにしろ、人が集まって個が消失する祝祭の現場が暴力の源泉

ロッセリーニみたいに次に何が起きるかわからないように画面ができてる
何だこりゃ(笑)
とにかく胸くそが悪く、何が言いたいのか理解不能で柳楽優弥がほとんど喋らない
訳の分からん映画。
虹郎がかわいい
uca

ucaの感想・評価

2.2
👊🏻