アンダーカバーの作品情報・感想・評価

アンダーカバー2016年製作の映画)

Imperium

上映日:2017年02月28日

製作国:

上映時間:109分

3.3

あらすじ

アメリカ国内のネオナチグループに潜入し、ダーティボム(放射能汚染爆弾)によるテロ内のネオナチグループに潜入し、ダーティボム(放射能汚染爆弾)によるテロ計画を阻止しようとした実在のFBI捜査官の体験をもとに映画化。

「アンダーカバー」に投稿された感想・評価

ダニエルラドクリフはハリーポッター以降そのイメージが強すぎるだけにどうなるかと思えば、そもそも圧倒的に華のあるどんな役をやっても惹きつけるものを出せる俳優だとわからされた
さすがハリーポッターは伊達じゃない
RamenMan

RamenManの感想・評価

3.1
ネオナチ、KKKなど過激派組織を渡り歩く潜入捜査の緊張感、身近に潜む危険思想。

ダニエル君のキャラもスパイ映画にしては珍しく内向的なインテリで見応えあり。
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.1
ハリーポッターくんの変貌ぶりに驚きました。実話との事ですがもう少し面白みがあっても良いのではないかと感じました・
hase3001

hase3001の感想・評価

2.5
ダニエル・ラドクリフ主演。
過激な白人至上主義団体への潜入捜査。

3つの組織を転々と内偵し、
過激なテロを阻止する。

時折、展開される新参者への質問。
切り返しの瞬発力と回答力が試される
場面が、ひやひやしますね。

実際にあったことらしいので、
ラストシーンで、グダグダになってしまう
とことも、意外にリアルなのかもしれない。

D・ラドクリフの小柄ながら、スマートな
感じがよかったですね。

ハリポタからの脱却ができたような気もします。
マイクD

マイクDの感想・評価

3.4
テロ計画を阻止するためネオナチ組織に潜入した実在のFBI捜査官のお話。ハリー・ポッターでお馴染みのダニエル・ラドクリフ君主演。潜入捜査のため、坊主やタトゥーなど不良になってしまうので、子供時代のハリーでと比べるとちょっとショックかもです。潜入捜査中の為、相手にバレそうになるヒヤヒヤシーンの連続で心臓に悪いこと。テロ、セシウム、白人至上主義など様々な問題が題材に含まれており、色々考えさせられる部分がありました。
具視

具視の感想・評価

3.0
レンタルにて。
ハリーポッター以外の役を初めて観た気がする。
アメリカは人種問題が強くて大変だなと思う。日本も少なからずあるけどこんな過激な人は居ないから。
だんだん顔色が悪くなるラドクリフ。
役名と台詞のあるモブ役のバーン・ゴーマン目当てで鑑賞。
そういやこの二人、前にも共演してなかったか……? と思ったけど違う、アレはイライジャ・ウッドだった。ハリー・ポッターじゃなくて指輪物語だった。
ちなみにイライジャ・ウッドのはオックスフォード連続殺人。
RX

RXの感想・評価

3.5
記録
けーな

けーなの感想・評価

3.7
白人至上主義のネオナチグループに潜入捜査する話。潜入捜査官をダニエル・ラドクリフ君が演じる。実在のFBI捜査官がモデルだそうだ。

最初、この映画の冒頭では、ダニエル・ラドクリフが、ハリー・ポッターにしか見えなかったが、見進めて行くうちに、潜入捜査官に見えてきて、すっかり話に入り込んでいた。上司役のトニ・コレットも、良かった。

原題は、「Imperium」(帝国)。ナチスによる帝国を意味するのだろう。邦題は、「アンダーカバー」で、潜入捜査という意味。原題が表すところは、難しいので、この邦題は、良かったかもしれない。

テロの黒幕と思っていた人物が間違いであったりとか、意外な人物が本星であったりとか、ストーリーも意外性があって、なかなか面白かった。

逮捕する時は、覆面捜査官も一緒に逮捕して、後から解放するべきなのではないかという疑問が残る。
>|