俺たち ポップスターの作品情報・感想・評価 - 20ページ目

俺たち ポップスター2016年製作の映画)

Popstar: Never Stop Never Stopping

上映日:2017年08月05日

上映時間:86分

3.7

あらすじ

幼馴染みのコナー、オーエン、ローレンスが結成した世界的に有名なヒップホップバンド“スタイル・ボーイズ”。ところが、フロントマンのコナーが“コナー4リアル”として突然ソロデビューし、バンドは呆気なく解散。専属DJに成り下がったオーエンと引退して農家を営むローレンスを尻目に、ファーストアルバムが大ヒットして人気絶頂のコナーは自分のドキュメンタリーを製作することに。しかし、やる事なす事が全て裏目に出て…

幼馴染みのコナー、オーエン、ローレンスが結成した世界的に有名なヒップホップバンド“スタイル・ボーイズ”。ところが、フロントマンのコナーが“コナー4リアル”として突然ソロデビューし、バンドは呆気なく解散。専属DJに成り下がったオーエンと引退して農家を営むローレンスを尻目に、ファーストアルバムが大ヒットして人気絶頂のコナーは自分のドキュメンタリーを製作することに。しかし、やる事なす事が全て裏目に出てしまい、セカンドアルバムは不評で大コケ、世界ツアーも大トラブルで中止に追い込まれてしまう。果たして、彼らの運命は・・・?

「俺たち ポップスター」に投稿された感想・評価

「序盤からぶっ飛ばす歌への愛。」

時間つぶしに。っていうのは嘘。
エマストーン出てるんだぞ?これは見に行くしか。

最高でした。

歌もくせになるものばっか。
変なライミングの楽曲をひたすら。汚い言葉をひたすら。豪華カメオをひたすら。
ヒップホップ好きにはたまらない豪華キャストの登場の多さに序盤からヤバい!!この映画は。ってなってました。

安心してください。ジャスティンネタとかアリアナグランデネタもあってそれなりに楽しめるはずです。
ただ音楽あまり興味ない人は拾えないネタもあるかな。。。といったところ。
でも、コメディとしても笑えます。

音楽ドキュメンタリーをとことんにまで贅沢にパロッた本作。
リンゴスターやアダムレヴィーンも。

ここでは出し切れないレベルにカメオばっか。

ただ、エマストーンに気付けなかった。本当にごめんなさい。

それでは。
架空の歌手のドキュメンタリーみたいな映画で
歌も話もぶっとんでる。
こういう映画が見たかった!

歌に関してはラップが多くて あまり馴染みがなく 良い悪い判断するセンスがなくて悔しい…
でもラップってかっこいいと思った

カメオ出演が本当に豪華でした(*_*)
his0809

his0809の感想・評価

4.2
アメリカのメインカルチャーのポップミュージックスターを描いた偽ドキュメンタリー。

偽ドキュメンタリー、いわゆるモキュメンタリー。
架空の人物をあたかも実在する著名人として生み出し、彼の日常をドキュメンタリーとして収録した作品。

モデルはジャスティン・ビーバーだと思う。
若くしてヒットメーカーに上り詰め、
気がつけば周囲には、自分の質問にイエスとしか答えない人間しかいなくなり、
いつしか身を破滅させてしまう。

そんな1人の男の失敗を面白おかしく描いた一本。

主役を演じるアンディさん自体が元々3人組のコメディラップトリオ出身で、現在はコメディ俳優としてドラマで主演を張ってる方。
しかしその周りの2人は今では製作に回ってるという、しかも今作では共演をしており、元メンバーとして設定、更には監督もメンバーの1人という、現実とかなりリンクした作風。
劇中内での楽曲は彼らが製作してるので、
その質の高さは他の映画作品と比べ群を抜いている。

また元々テレビ番組サタデーナイトライブ出身の3人組、劇中で毎回映画俳優やポップスターが登場するので、そのコネクションを生かしたと思えるカメオの豪華さが逸脱し、お前がそれ言っちゃダメだろ!
お前大スターなのにそんな役なのかよ!!
と終始ツッコミを入れたくなる飛び道具のようなネタの数々。

往年の『スパイナルタップ』のような作風も相まって、洋画マニアや洋楽好きには是非とも見て欲しいし、絶叫上映ならぬ爆笑ツッコミ上映としてイベント誰か企画してよ。
tatari

tatariの感想・評価

4.3
もの凄くオモシロイ!!
ヒップホップ・ファンはフェイク・インタビュー等に実名出演するアーティストの豪華さにクラクラすること間違いなし(クエスト・ラブ、NAS、RZA、etc)
バカバカしい、リリックの数々も小ネタの応酬もキレッキレ。

思いっきり笑った後はジャド・アパトー一派マナーに沿った、ホモ・ソーシャルなオチにホロリ&ニヤリ。
hrtaka

hrtakaの感想・評価

3.8
コナー4リアルはあり得ないけどスタイルボーイズとドンキーロールは90年代に本当にいてもおかしくない。カメオの中でもジミー・ファロンがよかった。
『新感覚の音楽コメディを観たいあなたへ』
あ、こんなドキュメンタリー見たことある‼︎の連続は思っていた通りの面白さ。
でも洋楽の知識が足りない僕には⁇なシーンも多いつまらなさ。

誰がカメオ出演だかさっぱりでしたが笑えたから最低限オーケーな映画。
US感バリバリのモキュメンタリーコメディムービー。

普通にめちゃくちゃ笑える。
さすがSNL出身。

加えて、
Himself役での出演陣の豪華さに天晴れ。

Nas、RZA、50 Cent、Usher、T.I.、
A$AP Rocky、DJ Khaled、Snoop Dogg etc...

US Hiphopヘッズは、これだけでも見る価値あり。
(彼らが真剣にふざけた発言をしている。)
くらげ

くらげの感想・評価

4.1
これ凄く良かった笑
終始笑っていました!

ほんとにこんなドキュメンタリーある!って信じちゃうくらい割と本気で作り込まれてます。カメオ豪華すぎる。

洋楽ポップ好きな人にはたまらないです。Wジャスティンの使い方や、ケイティ・ペリーのいじり方がすごい。

久しぶりに終始笑っていた作品。
みや

みやの感想・評価

4.0
スターの浮き沈みを、おちょくって笑いにしちゃおうってやつ。

イジリ加減が絶妙。
笑いだけでなく、気持ちよくラストを迎えられた。

エンドロールのご本人率に驚愕。
みなさん、ノリ良すぎです。
日本でいうと、難波章浩と横山健と恒岡章の話。映画史上稀に見る(史上最高と言ってもいいかも)豪華なカメオ出演陣を見ているだけで楽しい!