バーニング・オーシャンの作品情報・感想・評価

バーニング・オーシャン2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なス…

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なスケールで描いた、実話に基づく海洋ディザスター。

「バーニング・オーシャン」に投稿された感想・評価

勇敢な主人公、無責任な上司(親会社)、軽口をたたく陽気な男性同僚、ヒステリックに泣き叫びグズグズする女性同僚、電話の向こうで涙する妻。
ストーリーはディザスターフィルムの王道、鉄板なので良くも悪くも安心して見られる。

爆発・炎上シーンは圧巻。
画もすごいが音もすごい。
このシーンだけでもこの映画を見る価値は十分にある。

「圧力」がキーワードなだけに、血圧が上昇する映画。
映像的に臨場感が凄かった。
ただ、この仕事の前知識が無いと、ちょっと建物の構造が分かりづらいと感じた。
映画JP

映画JPの感想・評価

3.0
実話。海の中に孤立された施設。そこでは掘削作業が行われていた…ある日、泥水の逆流による火災事故が起こる。安全確認作業の大切さが身に沁みた。
えりこ

えりこの感想・評価

3.0
無能な重役のせいで苦しむのはいつも現場。
2010年メキシコ湾沖、甚大な被害をもたらした海底油田爆発は人災によるものであった
ーーーーーーーーーーーーーー
大惨事となるまでの1日を追っていく感じ。
どれだけ凄まじかったかを伝えるにはわかりにくい所があった気がして…
たしかに火の海は凄かったけど
2018 9 レンタル
安全第一がわからない男は男じゃない。仲間を守るために戦えよ。

脚本2
演出2
映像3
俳優2
印象2
とり

とりの感想・評価

4.0
目が離せず見入った。予知できた、そして何より未然に防げたであろう壊れた枠組みによる最悪な惨事に至る過程と渦中を見る。瞬き厳禁の迫力で真の英雄を称え人類・大企業への警鐘を鳴らす。もはや作り手の執念にも似た覚悟をヒシヒシと感じる。緊張が尋常じゃなく忘れたいけど忘れてはいけない、そんな悲劇をリアルに再現して同じ過ちが起きないようにする、それもまた表現の責任。まじムカつくBP。
ピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグによる傑作揃いの実録三部作の二作目はカート・ラッセルやジョン・マルコヴィッチといった癖のある渋面演技派が顔を揃えるアクションスリラーというより災害モノ、金に目の眩んだ人災というディザスタームービー。とりわけジミー役のカート・ラッセルの演技が素晴らしく、ジミーという人物がいかに職員にとって信頼に足る頼れるリーダーであったかということを感じさせる。体制に媚びることなく職人気質で武骨な感じがよく出ている。ピーター・バーグの演出も脚本も一番研ぎ澄まされている気がする。他にも視覚効果をはじめ裏方スタッフの仕事ぷり、技術的に優れた作品であることは疑い無い。冒頭のほうからこれから起こる悲劇の前フリのように象徴的なイメージの折り込み方が素晴らしいし、何処か不安を煽るような不穏で厳かな音楽もいい。その過程でいかに作業の中においてシガラミが生じているかも描いているし、実社会にも置き換えられる見くびられ虐げられる現場。そんな忌み嫌い憎むべき何より断罪されるべき現実悪からディザスター映画の最高峰が生まれるとは何とも皮肉な結果だけど、この地獄を僕たちは忘れず語り継いで行かなければいけない。公開当時から見たかったけどジャンル的にもう一歩を押されず結局見に行っていなかった。だけど実際見てみてこれは映画館で見るべき作品だったなと少し後悔した、それだけの力強さがこの作品にはある。何から何まで予定調和の救出劇である『海猿』とは似て非なる雲泥の差。この誠実さと熱量をぼくは拒めない。だからこの実話と本作に敬意なしの邦題は断罪されるべき、何が"燃える海"だ(確かに間違ってはいないんだけど)。

この三作で広く評価されたから気分を良くしたのか、後は余生だと思ったのか『マイル22』を作って本国ではディスられているけど個人的にはまだ見たい、そのためには先ずは早く日本公開してもらわないと。
「弟がほしかったからノックしなかった」
「恐いと思ってる内は大丈夫」「それは俺が...」
「神が作ったようにでかいな」
「希望的観測は避けないと」
「金の亡者なのに計算が苦手とはね」
「生き残ったのは理由があるはずだ」
2010年4月20日の夜11人が死んだ。
TOMATOMETER83 AUDIENCE82
Critic Consensus: Deepwater Horizonmakes effective use of its titular man-made disaster to deliver an uncommonly serious -- yet still suitably gripping -- action thriller.
実際にあった石油削掘現場での火災事故。
明らかに人災で、現場のいい加減さがとても憎くなる作品でした。
ただ実話ベースな話のためかなり退屈でした。痛々しいシーンが多いです。
nemunine

nemunineの感想・評価

3.8
2010年に実際に起きた石油掘削施設での話を基にした話。
難しい専門的な内容だったり複雑な建物、登場人物の多さ、名前など分からない事もたくさんあって前半少し疲れました。事故が起こってからは、泥水の勢いにガス爆発、火柱など迫力がありすぎて圧倒されました!すごく怖かった😭
その中でもマーク・ウォールバークや大怪我しても被害の拡大を抑えようとするカート・ラッセルなどカッコ良すぎて感動しました。事故を引き起こしたジョン・マルコヴィッチはさっさと避難。
憎たらしい役がとてもハマってた!

これは明らかに人災。事故は起きてからでは遅いと改めて気付かされました。
事故後、真相を知りたくてマークに詰め寄る誰かの父親の気持ちとマークの気持ちと両方が痛々しく悲しく切なかったです。亡くなられた方、11名の御冥福をお祈り申し上げます。
>|