バーニング・オーシャンの作品情報・感想・評価

バーニング・オーシャン2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なス…

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なスケールで描いた、実話に基づく海洋ディザスター。

「バーニング・オーシャン」に投稿された感想・評価

iamky

iamkyの感想・評価

-
ピーターバーグ×マークウォールバーグ×実話は間違いないね。
大好きこの映画
友達に勧められて見に行ったけど
観て正解
マークウォールバーグがいい演技してる

〝メーデーメーデーメーデー、こちらウォーターホライズン、爆発事故発生、、、大爆発だ〟


2010年の米国史上最大の海上事故に基づくパニック映画。序盤は現場作業員らがどのように海上採掘場で働いているのか、採掘場はどのような仕組みかを分かりやすく描く。一度現場入りしたら3週間も家に帰れないという作業員達ならではの期待や不安があり、家族と会えないのはさぞかし辛いだろう。

中盤、テストを省いてでもコストを削減したい上層部と、テストを行いクリアにならなければ作業をしないと言う現場作業員の主任の意見がぶつかり合う。結局採掘前に『圧力』のテストを行うことに。一見テストは成功したかに思えた。しかしここから大爆発までとてつもないスピードで展開していく。

圧力に耐えられなくなったパイプから泥水が噴き出し、作業員は吹き飛ばされ、誰も制御ができなくなる。泥水と一緒に漏れたガスがダクトを伝って、エンジンの燃焼室へ。オーバーヒートを起こしたエンジンが爆発。ガスへ引火。海上の要塞が一瞬で火の海に。

米国史上最大の海上事故現場からの脱出は、まさに息を飲む映像が続く。最近ここまで心拍数が上がった映画は久しぶりで、映画館で観なかったことを激しく後悔する。

〝希望的観測は捨てろ〟
人災は無くせる。その代わり手抜きは許されない。全てにおいて準備は何よりも大切であると感じだ映画だった。
「工期遅れでコスト高だから安全テスト中止!w」
「権限無いから~決裁出来ないから~」
 ていうリーマンあるあるが散りばめられた生臭社会派描写で涙不可避!
 あとコーラぶしゅー→車壊れる→ヘリに鳥激突等々、序盤の死亡フラグラッシュで不謹慎だけど草生えました
磔刑

磔刑の感想・評価

2.1
「不完全燃焼」

物語序盤では主人公の私生活や家族が描写され、その後石油掘削施設の現場に入れば掘削作業の工程や現場での主人公の役割や立場、その他の作業員との関係性そして現場で働く者と会社の幹部達との軋轢などのドラマが丹念に描かれている。事故が起きるまでのドラマの積み立ては十分で見応えはあるものの、本題である石油の逆流からの大火災が起きるまでに所有時間の半分を使い切ってしまう時間配分は余りにも悠長過ぎる。
火災が起きてからも主人公の妻や現場から離れた者の視点の介入が多く、ようやく本題に入ったスペクタクル展開もそれまでのドラマパートと演出の差が無く間延びしておりテンポが悪く緊張感が薄い。

肝心な火災パートでも主要人物にこれといった役割や目的もなくただ逃げ惑うばかりで見所も少ない。
マーク・ウォールバーグやカート・ラッセルはドラマパートではストーリーや人物像に深みを持たせる演技を見せているものの、火災が起きてからは出来る事の少なさ故存在感が薄くなり、モブキャラクターと同じように火災現場から脱出するだけで火災を鎮火したり大勢の人を救助等の活躍は無くカタルシスも感じられない。

ただ安全検査を巡るカート・ラッセルとジョン・マルコヴィッチとのやり取りは会社等の大きな組織に属した事のある人なら誰しも感じた事のある不平不満がリアルに描かれており、自宅に居ながら職場に居るような居心地の悪さを体感できる。
ありがちなパニック映画ではあるもののヒーロー不在の構造はリアルを追求したが故だろうが上手く扱えないと只々単調に感じる。『タイタニック』と『タワーリング・インフェルノ』と『バックドラフト』を足して雑に3で割ったような作品だが、このような中途半端な作品を観るなら上記の作品を鑑賞した方が有意義だ。
HIDE

HIDEの感想・評価

3.6
こんな悲劇が実際に起こっていたなんて全く知りませんでした。
映画としてはハラハラしてあるていどの見応えはあるものの事件としては最悪です。
欲や焦りは災いを生みますね。
恐竜の化石と石油の関係が当たり前のように語られてたけど、初耳だった。衝撃。
実際に起きた事故と全く同じ設定、企業名でやるのもアメリカやばい
kayo

kayoの感想・評価

3.8
最初からフラグ立ちすぎてて、ずっと緊張感あってスリル満点で面白かったです。特に爆発シーンの迫力がすごいし、希望的観測の恐ろしさを改めて感じました。
>|