バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:107分
    監督
    ピーター・バーグ
    脚本
    マシュー・マイケル・カーナハン
    マシュー・サンド
    キャスト
    マーク・ウォールバーグ
    カート・ラッセル
    ジョン・マルコヴィッチ
    ジーナ・ロドリゲス
    ディラン・オブライエン
    ケイト・ハドソン
    イーサン・サプリー
    あらすじ
    2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なスケールで描いた、実話に基づく海洋ディザスター。

    「バーニング・オーシャン」に投稿された感想・評価

    アキ
    3.2
    残念ながら「ローンサバイバー」の時に感じられたヒリヒリするような緊迫感はついぞ味わえなかった。どちらも選択を誤ればすぐさま死が待っている状況だというのに、このバーニングオーシャンの抱えもつやや退屈な感じは何なんだろうかと首を捻るまでもなく、その位置把握がうまくできないことに起因するわけで、いったい今いる地点からどの程度どの方角へ進めば安全地帯へと流れ込めるのかがやや分明ではなく、その辺、話の中で情報と行動から提示してほしかったところ。
    この手の作品こそ、より人物に感情移入できねば面白さは半減してしまうわけだから。といってとぐろを巻いて燃え盛るファイヤーは流石はアカデミーもの。とても生々しく生き物のようで心臓が焦げました。
    記録
    スコア表示内訳
    4.7 3回鑑賞(まだ観たい)
    4.5 3回鑑賞
    4.0 2回鑑賞
    3.9 また観たい
    3.8 面白かった
    3.6 とりあえず面白かった
    3.4 ?
    3.0 残念
    ゆく
    4.3
    アンストッパブルの最悪野郎がこっちはかっこいい
    ao
    4.0
    上映期間が短かったので、見逃すところだった。畳みかけるような容赦のない描写に圧倒される。この事件のことを知らなかったので、鑑賞後あらためて勉強しました。知ることができてよかった。
    Asaki
    3.5
    石油掘削現場での爆発事故のことを知らずに鑑賞しに行きましたが、映画館での音と映像だけで、こんなにも恐怖と緊迫感が伝わるのかというくらいの迫力がスクリーンから伝わってきた。
    膨大な火災事故か起きて尚、諦めずに家族の元へ帰るために勇敢に生き抜こうとする主人公に圧巻。
    家族の大きさを身に染みて感じた。
    本当かのような火災の演出、炎の恐ろしさに物凄くゾッとした。
    2010年なんて最近のことなのに、こんな重大な事故のことを知らなかったなんて…
    映画鑑賞という機会からでも、こういった問題を知っていかなければならないと思った。
    haru
    3.6
    本当にバーニングしていた!
    事故が起きた前後からはもう目が離せない。緊迫感が溢れる後半はハラハラしたし、映像がパワフル。映画館で見ていたらもっとそれか味わえたかなと。
    なお
    4.0
    工期の遅れ、コストの削減、上層部の黙認、親会社による下請けへの圧力、作員の不手際など、人為的なものの積み重ねから起きた石油掘削施設の爆発事故を描いた本作。

    前半は事故に至るまでの経過を丁寧に映していますが、専門用語が飛び交うので集中していても若干置いてかれてしまいます。
    しかし詳しいことは分からずとも、「なんか、ヤバそう…!」と危ない空気感だけは感じ、刻々と迫る爆発にヒヤヒヤ…。
    ここの多少長く感じる"静"の前半戦が後半の"動"を引き立てていて、演出上手いなぁと。

    轟く爆発音で逃げ惑う乗組員の声は掻き消され、真っ暗な夜空を一面赤く染め轟々と燃え盛る業火。
    爆風に乗って熱気がシアターまで届きそうな程迫力満載の映像に圧倒されました!

    そして、ただ無事であることを願うことしか出来ないケイト・ハドソンが可愛かったです。ご馳走様でした!(^人^)
    ひみつ
    2.8
    爆音で鑑賞。爆発の演出がすごい。
    実話ということで、理屈の混じった会話が中心の前半は少し退屈でした。しかしそれは後半への布石で...事態が急変してからのスリルはハンパじゃなかったです!!アレこそまさに地獄絵図。小さいiPadの画面に釘付けでした∑(゚Д゚)マークウォールバーグはあんな泥臭い役をやらせたらピカイチですね〜。
    >|