バーニング・オーシャンの作品情報・感想・評価

バーニング・オーシャン2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なス…

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なスケールで描いた、実話に基づく海洋ディザスター。

「バーニング・オーシャン」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.0
文字通りオーシャンがバーニングするピーターバーグ×マークウォルバーグの熱い男物語
OsamuSaint

OsamuSaintの感想・評価

5.0
BP、お前のせいか!
オイルシールからヌラーっと原油が漏れてくるときの恐怖、、、
Kirocu

Kirocuの感想・評価

3.0
石油プラットフォームって浮いてるのもあるんだねぇ。荒波とかきたらどうなるんだろう。

実話ベース。
火災の威力が凄すぎる。爆発もすごい。なにかが飛び散りすぎで怖すぎる。迫力ある映像。揺れる映像に酔いやすいのを忘れて見入ってしまった(途中、気持ち悪くなって一旦中断したけど)。
ただ後半は、多少の見せ場は作られていたけれど、結局は逃げるだけなので、映像の迫力のみでちょっと興味が薄れた(気持ち悪くなってきたのもあるけど)。
メキシコ湾原油流出事故を実写化。
Pバーグ監督だし間違いなく面白いと思いつつ鑑賞。

事故が起こってからは、想像通りの大惨事で息苦しい感覚と共にあっという間に見終わってしまう。

どこの会社でもあるような、コスト削減や課題・問題の先延ばし、責任転嫁、流れに逆らえないなどの要因がこういった大惨事を引き起こす事を改めて痛感。
自分たちも気をつけなきゃならんと戒めにもなる…

Jマルコビッチはナイスキャスティングで、憎たらしい役がどハマり。

ウォールバーグ兄貴は相変わらずカッコイイし知識と経験で事故から脱出するナイスガイを好演。

Kラッセルは流石の貫禄。
後半の生存確認シーンはグッとくる。

ディザスタームービーとしてもおススメできる良作。
実話の持つ強み、人の慢心が引き起こす事故。この失敗が活かされることにになっていて欲しい。
わだ

わだの感想・評価

4.0
実話に基づいた内容でとてもリアルだった。迫力がすごかった。
また見たい
観ました。

人は失敗から学ぶ。
どんな仕事も同じかもしれないが、危険予知で防げる事故はある。確認の大事さ。
実際に起こったことだから、世の中の実情もわかる。
とにかくまずは、安全👷🏼第一。
asami

asamiの感想・評価

3.5
実話を映画化

結構最初から最後まで
手に力込めて観てました

実際に起こったこととはにわかに
信じられない内容だった。

王道のハプニング映画観尽くして
観るものないって人おすすめ (^^)笑
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
始まっていきなりの宇宙空間みたいな水中の海底油田。早朝寝起きのファックのおねだり。コーラの吹きこぼれ。バイクでニケツ…
まあ、なんとアメリカンな映画だこと。
それから畳み掛けるような不吉なネクタイの色、コーヒー飲みすぎの恐怖の前触れ。
さて今回はマーク・ウォールバーグやカート・ラッセルどんな火消し役をしてくれるかと期待する。
ジョン・マルコヴィッチのいや~な下っ端への圧迫芝居がなかなか見応えあるなと思ってたらの圧力上昇のドッカンドッカーンの大爆発。
トランスフォーマーよりもかなりの大爆発。もうそれだけの映画なんだがなかなか魅せる。映画館向き。
マーク・ウォールバーグやカート・ラッセル(吹き飛び方最高)は火消しせず唖然とするだけ。
それもまた新鮮。
gatty

gattyの感想・評価

3.8
安全管理の大切さを改めて感じた。この事故が教訓になって、未然に事故を防ぐことが多くなればと思った。
海上での火災、ある意味、密閉、密室空間での事故の様子がリアルに伝わってきた。
>|