バーニング・オーシャンの作品情報・感想・評価

バーニング・オーシャン2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なス…

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なスケールで描いた、実話に基づく海洋ディザスター。

「バーニング・オーシャン」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.0
文字通りオーシャンがバーニングするピーターバーグ×マークウォルバーグの熱い男物語
石油彫る過程で、とあるテストをすっとばしたが、故の災害。予定工程から遅れてるとはいえ急いだらこんなことに.....

海って燃えるんだ!!
てくらい盛大に燃えてた。
これが事実なんだから、油田のダダ漏れ感を否めない。
石油王もびっくり。
実際に起こった事故が題材。天災以外の事故は全てが人災であるという当たり前の事に今更気が付かされる人間ってやっぱり、災難の原因になる存在であると思う。きっと何度も口を酸っぱく言い続けることの重要さには同意するが、だからか大して面白い作品には思えなかったのだろうと思う。
masa

masaの感想・評価

3.5
最後まで続く緊張感。映像編集が巧みだと思う。
min

minの感想・評価

3.8
実際に起こった事故をリアルに感じられた。 爆発と火の勢いが凄い。

こんな大きな現場でも経費削減、調査を怠るってことがあるなんて…。
大事故だったにもかかわらず助かった人が思ったより多くてよかった。だから尚更助からなかった人の家族を思うと辛いものがあるけど。
きょる

きょるの感想・評価

3.5
2010年4月に実際に起こった海底油田爆発事故のお話

パニック映画を観たいな…と思って、気楽に手に取ったを後悔しています
事故で亡くなられた方、負傷された方、その家族の方々の事を想うと胸が痛くなります

とにかく火の迫力が凄すぎる!!
カート・ラッセルが出ているもんだから“バックドラフト”を観ているようだったよ

原因、過程、前兆
事故の爆発と火災
その後の辛さ…
丁寧に描かれているなぁとは思いますが、専門的なことは全く分かりませんでした
リグ?DP?BOP??だったかな
船位保持の必然さなどよく分からず、
うん…うん…と観ていました
OkaYuna

OkaYunaの感想・評価

3.0
この事故つい最近のことのように覚えてる。

爆発とか、炎とか🔥の凄まじさがすごくリアルだった。テレビで観てもすごかった!
ピーターバーグ監督&マークウォールバーグ主演の実話三部作の二部作目。
前回のローンサバイバーと同様に今回もまた感動した。

前半は退屈すぎた。事故のきっかけとなる重大な出来事なのだが、それを延々と見させられても、、、
後半はお決まりのものすごい感動調で泣きそうになった。
キャスト1人1に必ずしも英雄的描写があるわけでないけど、ただ必死に目の職務に対応している姿が素晴らしい。むしろ事故が起こる前の、事故が起こらないよう真摯に対応する姿こそ英雄。
助かった後にようやく恐怖に捕まって震えるマークウォールバーグが絶品。
現実に起こったことだと思うと衝撃的すぎるけど、どこの国、社会、会社にも、ついていくべき人と、そうでない人がいますね。
そういうところを見極められる人間でありたいと思うし、自分もそっち側の人間でありたいと思いました。
>|