ふーたら

後妻業の女のふーたらのレビュー・感想・評価

後妻業の女(2016年製作の映画)
3.2
面白かった。

大竹しのぶは、もとより豊川悦司、永瀬正敏、尾野真千子他ほとんどすべての俳優たちの、それぞれの個性のぶつかり合いって感じで、存分に楽しめました。

今年劇場で観た邦画の中で暫定6位(16本中)です。

実は、被害者からすると殺人事件で、深刻な事件なんだけど、被害者本人も多少そうなる事をうっすら分かっている節もあるので、「○○な女」って題名で期待出来そうな、ほどよいコメディタッチが絶妙な塩梅になっています。

でも、この手の事件って、本作中でも言っていたように、マスコミが騒ぎ立てられなきゃ表沙汰にならないことも多いんじゃないかなった、本気に思わせる節はあります。

面白くて、少しぞっとして、ほどよくどんでん返しもあって、ちょうどいい感じで楽しめた1本でした。

(2016/9/7 イオンシネマ戸畑 2D)