後妻業の女の作品情報・感想・評価

後妻業の女2016年製作の映画)

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:128分

3.4

あらすじ

「武内小夜子、63歳、好きなことは読書と夜空を見上げること…わたし、尽くすタイプやと思います」結婚相談所主催のパーティで可愛らしく自己紹介する小夜子(大竹しのぶ)の魅力に男たちはイチコロである。耕造(津川雅彦)もその一人。二人は惹かれあい、結婚。幸せな夫婦生活を送っていた、はずだった—。2年後耕造は亡くなり、葬式の場で耕造の娘・朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)は、小夜子から遺言公正証書を突…

「武内小夜子、63歳、好きなことは読書と夜空を見上げること…わたし、尽くすタイプやと思います」結婚相談所主催のパーティで可愛らしく自己紹介する小夜子(大竹しのぶ)の魅力に男たちはイチコロである。耕造(津川雅彦)もその一人。二人は惹かれあい、結婚。幸せな夫婦生活を送っていた、はずだった—。2年後耕造は亡くなり、葬式の場で耕造の娘・朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)は、小夜子から遺言公正証書を突き付けられ、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡される。納得の行かない朋美が調査すると、衝撃の事実が発覚。小夜子は、後妻に入り財産を奪う“後妻業の女”だったのだ!そして、その背後には結婚相談所・所長の柏木(豊川悦司)がいた。 「結婚相談所に限って言えば、男の高齢者がよくモテる。第一条件は資産があること。持病があればなおいい。看取る時間の効率が良いから女同士の取り合いになったりする・・・」 次から次へと“後妻業”を繰り返してきた小夜子と柏木、二人を追及する朋美と裏社会の探偵・本多(永瀬正敏)、小夜子の次のターゲットでありながら彼女が本気で愛してしまった不動産王・舟山(笑福亭鶴瓶)、そして彼らを取り巻くひと癖もふた癖もある人々…。今、愛とお金をめぐるドラマが始まる—!!!

「後妻業の女」に投稿された感想・評価

面白かった。

大竹しのぶは、もとより豊川悦司、永瀬正敏、尾野真千子他ほとんどすべての俳優たちの、それぞれの個性のぶつかり合いって感じで、存分に楽しめました。

今年劇場で観た邦画の中で暫定6位(16本中)です。

実は、被害者からすると殺人事件で、深刻な事件なんだけど、被害者本人も多少そうなる事をうっすら分かっている節もあるので、「○○な女」って題名で期待出来そうな、ほどよいコメディタッチが絶妙な塩梅になっています。

でも、この手の事件って、本作中でも言っていたように、マスコミが騒ぎ立てられなきゃ表沙汰にならないことも多いんじゃないかなった、本気に思わせる節はあります。

面白くて、少しぞっとして、ほどよくどんでん返しもあって、ちょうどいい感じで楽しめた1本でした。

(2016/9/7 イオンシネマ戸畑 2D)
コメディとミステリーがいいバランスで観やすかった。
mochi

mochiの感想・評価

-
大竹しのぶ
めっちゃ笑った
大竹しのぶさんの色が全開で素晴らしかった
前に観たけど完全につけ忘れてた。
Lynco

Lyncoの感想・評価

4.5
原作とすこし違ったけど
面白かったし
やっぱり大竹しのぶすごいわあ
遺産乗っ取り業・・・ドロドロの犯罪もの?
大竹しのぶ、やりたい放題
思うんですが、監督さんは、楽なのか?やりにくいのか?・・・どう思います?
7272

7272の感想・評価

3.0
2018/09/15
>|