小一郎

亜人 第1部「衝動」の小一郎のレビュー・感想・評価

亜人 第1部「衝動」(2015年製作の映画)
3.6
原作未読。評価が高いので観てみることに。やっぱりアニメって凄いね。実写も最近はCGで凄い映像ができるけど、思いのままだもんね。緊張のシーンが続き、全然退屈しなかった。

しかし、これって、かつて読んでいた少年Jのアレみたい。オマージュかしら。もっと凄いアレが出てくるのかしら。

ストーリーは少年の成長譚、だと思う。自分が亜人であることに気付く前、他人は“路傍の石ころ”くらいにしか思っていなかった「クズ」な主人公が、亜人となり、人間扱いされなくなることで、人間らしさを培っていく的な。

3部作で続編も楽しみ。まあこうかなあ的な展開を想像してしまうけど、個人的には凄いキャラクターや凄いアレの登場に期待。