かごの中の瞳の作品情報・感想・評価・動画配信

「かごの中の瞳」に投稿された感想・評価

康子

康子の感想・評価

2.8
終わり方が何?!だけど、映像が美しい
暗いし、あんまり好きなタイプのバッドエンドではなかった。
夫の気持ちも分からなくはないけどその一線は越えたらあかんわ、、
全体的に説明不足感が否めないし、このシーンいる?みたいなのが多いね。
思ってたのと違ったの

ストーリー
幼少期の事故により、両親と視力を失ったジーナ。そのジーナを献身的に支えてきた夫のジェームズ。
ある日、ジーナは角膜移植に手術により右目の視力を取り戻す。

視力を取り戻す前のジーナは、地味で大人しい女性でしたが
視力を取り戻した後は派手で強気な女性へと変わっていきます。
それは、ジーナが自分を取り戻して花開いていくようにも見えます。
一方ジェームズはその姿に嫉妬し、自分や自分が今まで与えたものが落胆の対象であることを感じ取り焦っていきます。
2人は子供を欲しがっていますが、ジェームズ原因で不妊であることも「全てを与えたい」ジェームズにとっては重たいものだったと思います。

ジェームズのジーナへの愛は、最初こそ相手を思って…という感じがしますが
物語が展開していくと所有欲の塊に見えてきて、トドメの「これでいいんだ」のセリフでゾクっときます。
自分が落胆される対象なのも、ジーナが自分が苦手な人間に影響されて知らない人のようになってしまうのも、それに“対処”するところも…
今まで尽くしてきたのはそういう心の裏返しなの?!と、ジェームズへの印象がジワジワ変わってきます。
でもまあ、ジェームズに共感する人も全然普通にいそう。

全体的に説明不足というか、こちらが推測するシーンが多い映画なので
みる人によって受け取り方が大きく異なりそうだなあと思います。
ラストスパートで全てが明かされていくあたりも、事実のみが語られていくだけで、本人たちの心情の描写は少なめです。
最初から割と暗めの映画で、視力を取り戻したあたりの描写もどことなく不穏な雰囲気なんですが
本当にラスト、最後の最後だけ、ジーナの幸せな顔が見られてよかったです。
siny

sinyの感想・評価

3.0
終始暗く重い感じの映画だけど、ブレイクライブリーの演技もスタイルも最高です!
盲目で美人の妻を持つ、あまり冴えないが優しい旦那のお話。

手術を受け世界が変わる妻とそれを支える夫。の予定だったが、色々な感情が彼を変えて行った。

その気持ち、わからんでもない。
ただそれはいかんよ。

エンディングは
はっきりと伝えない、各自の捉え方に任せますスタイルで何となくスッキリしない。もう少しだけ彼女の気持ちが聞きたかった。
西洋人の美醜判断に弱いので
旦那が「ブサイク」設定だと
気付いていなかった私。。。。
ブレイク・ライブリーの髪を耳上ら辺でピン1本でとめてる髪型がすごく好き。美しい。

あほなわたしには最後よくわかんなかったですw
ぐわぁぁー!(゜ロ゜)
これは…

いやぁこんなことあんのか?( ̄▽ ̄;)
もう最悪の悲劇ですね…

どっちが悪い?う~ん。
犯罪でいうとあっちだけど、気持ちは分かる。

でも、こっちの豹変ぶりは本当に引いたし、これが本来の自分というなら、結婚なんてしなかっただろうし。
でも~
え~( ̄▽ ̄;)

面白かったです…
はーよ

はーよの感想・評価

1.9
見えていなかった事で夫は容易に束縛出来ていた。それが普通だと感じていたが目が見えてくる事で夫婦の形が変わる。
seckey

seckeyの感想・評価

-
見えていなかったから見えなかったもの、
見えるようになって見えてしまったもの、
見えていたのに見ないようにしてたもの、
見えなかったから見えなかったもの、
.
自由を得た魚は輝きを増し、逞しく、どこまでも泳ぐ。
やっぱり人間変わらないことは無理。日々変わっていく生き物だし、健全さは時に残酷さを引き寄せてしまうこともあり、しかし残酷という評価は所詮他人から見ての話だし、例え残酷と言われようと、自分は自分のまま変わっていくことを恐れてはいけないんだな。
全体的に暗めの画像が多く、そこだけ閉ざされた空間、ぽっかり空いた穴のような場所で、毎日が通過していく感じに陥りました。障害を持っている相手、夫婦であってもそこには優位性が存在し、援助される側にとっては悲しい想いもあるのではと思う。ジェームスの行った事は許されないが、相手を支配してた立場であるがゆえに実際にはまた同様にして労りたいと強く思うのかなー。
>|