jjjk

レディ・プレイヤー1のjjjkのレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.1
なんかよく分からんが面白い!すごいスピルバーグ的!

のっけからバーチャル世界全開でのれるか一抹の不安があったが、どんどん持ってかれる!オアシス内の詳しい世界観やルールはさっぱり理解できないのに、グイグイ引き込まれるのはスピルバーグの手腕なんだろうか。ゲーム好きの人にはたまらんであろう要素がたくさんあって、ゲームとかアニメとかサブカルに疎い自分でも楽しめた。ひとつひとつの小ネタに愛を感じる。個人的には「シャイニング」ネタには爆笑だった。

映像や音響、CGなどは最新鋭のもので圧倒される一方で、どこか流れる懐かしさはスピルバーグの世界観か。現実では抑圧された主人公。家族との不和。仲間たちとの友情や恋。これぞスピルバーグという世界観は、ギラギラの画面に謎の安心感を与えてくれるんだよなあ。

サブカル世界に愛や敬意を払いながら、最終的に打ち出すメッセージはこの上なく現実の人生賛歌。ものすごくアガるし、それでいて感動する。良くできた娯楽作でした。

それにしてもバーチャル世界に入れ込む人間の姿は滑稽なんだけど、笑うに笑えないというか、ありえなくもないような。あれだけバーチャルの世界がリアルになったら、そっちの方が楽しく生きれる気がするしなぁ…とか考えてしまった。