xre25vn

レディ・プレイヤー1のxre25vnのレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.8
設定5/脚本5/役者4/映像音楽5/個性5
設備相性:IMAX○ 4D◎ 3D◎

今年期待度No.1映画が遂に…!
スピルバーグの真骨頂。ポップカルチャーにどっぷり浸かってきた世代・オタク・予備軍集まれ!
もう最高。スクリーンの情報量がすごすぎて何度も見たくなる。

まずなによりもこの権利関係に厳しいご時世これだけのキャラクターを出演させられたことに感動。実現はスピルバーグの名があってのこと。

舞台は2045年。現実世界はコンパクトに、娯楽は全部、生活すらもVRの中で楽しむ時代。
現実世界の荒廃感を冒頭の10分で伝えきってたのがすごかった。そしてVRの方はとにかくCGが綺麗。

VR世界「オアシス」を承継するにはオアシス内で3つの鍵を手に入れなければならない。鍵入手のカギとなるのがポップカルチャー大好きな開発者の過去。ここで80年代サブカルが登場です。
映画・ゲーム・コミック・玩具、正直ほとんど知らなかったですがもう全然楽しめます。●●と●●があんなこんなでそうくるか!と。全員集合系が好きなのでこの混沌具合が最高でした。

これだけのオタク要素を詰め込んで夢いっぱいの物語にしておいて、最後は「現実こそがリアル」とまるで趣味に没頭する現代人に警鐘を鳴らすかのような締めは素晴らしい。
最近は硬派な作品が多かったスピルバーグ。アドベンチャーものはこれで集大成かも分かりません。

普段はIMAX派・字幕派ですが、今回は4D吹替がおすすめ!画面の情報量が多くて字幕を追うのが普段以上に厳しい。字幕自体も長くて分かりにくくて頭に入ってこない。そもそもアニメっぽいので吹替も違和感なし。そして4Dが楽しい!!3DメガネがVRゴーグルであるような感覚、他では味わえません。

★★★以下設定補足(オマージュに関するネタバレあり・物語ネタバレなし)★★★

カメオ・オマージュ数知れず。ただほとんどが本編には絡みませんので知識のない方も安心して見られます。
せいぜい知っておくとすれば『ジュラシックパーク』『キングコング』『メカゴジラ』『アイアン・ジャイアント』『機動戦士ガンダム』のガジェットくらい分かってれば十分。
ただし、唯一映画『シャイニング』だけは本編に影響するので予習していると楽しめます。
ウルトラマンは参戦見送りでしたがちゃんと要素は入ってましたね笑
ちなみに余裕あればとアグモンとハローキティ探してたんですが2回見てもでかいはずのオプティマスプライムさえさっぱり見つからず…

2018-57(50), 58(再)
再鑑賞:②2018/4/20 ユナイテッドシネマキャナルシティ 4DX3D