ねつき

レディ・プレイヤー1のねつきのレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.5
「現実でしかうまい飯は食えない」

すっごい。アドレナリン映画。
ハラハラとワクワクとドキドキとキラキラとソワソワとウキウキと………
大人になって日々枯れ果てそうになってる子供心を叩き起こしにくる感じ。
この映画楽しめない人いるのか?
性別も文化も国境も関係なく、楽しめるのではないか。大げさかな。

夢広がるなぁ。
お話自体は実際あんま覚えてないけど、それ以上にいろんなもんが濃すぎていい意味でついてけてないんだよ。
遠出して観に行くか悩んでた自分のケツを蹴ってやりたい。
うだうだしてないで早く行けバカ!!!って

映像に恍惚としながら頭の片隅では、ハリデーおじいちゃんについて考えてた。
きっと変人として扱われて生きてきて、孤独で、寂しくて、誰かに理解してほしかったんだろうなーって。
私だって1人でいいから誰かに興味持たれたいしなんでも理解してーって思うもん。
どんな変人でも、歩み寄れないなんてことはないんだなーって、思った。
ってゆう、別にメッセージ性のない部分について考えこんでしまったから最近病んでるのかもしれない。


近日中にシャイニング観て4dxで再チャレンジする。
ちなみに私のアバターはヒットガール一択でいきます。

とりあえず明日学校行ってゲーマー中学生全員にオススメする。