kogemarukiyomi

レディ・プレイヤー1のkogemarukiyomiのレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.0
既に観た人から「凄まじい情報量だから是非吹替で」と薦められ先ずは2D吹替にて。うん、大正解だった。
次から次へと、まー色んなキャラが…笑
ポップカルチャーをよく知らなくてもこんなにもワクワクできる!

2ndステージの映画シャイニングは数少ない馴染みのあるネタだったのだけれど、この作品の世界で謎解きしようなんて凄い発想だと思った。しかも初デートでチョイスした作品だなんて。笑
キューブリック監督の作品が原作と違ってしまった為に原作のキングさんが激怒した=「作者が嫌う作品」成る程。
あの有名なシーンを十分味わえた上にコミカルなアレンジが加わって第2の鍵をゲット!面白過ぎる‼︎

アイアンジャイアントが観てみたくて早速TSUTAYAでレンタル。今まで知らなかったポップカルチャーに触れる絶好の機会に恵まれた気がする。きっと皆そうなのでは?

80's音楽ナイスセレクト。
日本のポップカルチャーがこんなにも認知されていたなんて…日本人として誇らしい。
VRのOASISの世界観やアバターがとても魅力的ですっかり虜になってしまった。
それに対しての現実世界の破滅具合やIOIのブラック具合、リアルの人間模様もちゃんと描かれていたし、ストーリー自体がしっかり作られてるなあと。
そして斬新なだけでなく色んな愛や敬意に溢れてた作品だった。