ゆーた

レディ・プレイヤー1のゆーたのレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.3
やっぱりスピルバーグ監督は凄い。
常に時代の先を行く圧倒的な映像、見たことない世界観で人々を魅了している。

オープニングで流れるヴァン・ヘイレンの“JUMP”が最高!!
本作はキャラクターに詳しくなくてもその世界観を十分に楽しめると思うし、逆にコアなファンであればどんなキャラクターが隠されてるかを探す、心踊る作品だろう。
それに、2Dで観ても映像が立体的なので、3D映像を観てるように錯覚した。
今年の3月から、実際に映画館でもVRが導入され、映画を観る→体感するになり、近未来ではVRが主流になっていくかもしれない。
それをこの作品が疑似体験として、先駆けてるように感じた。
スピルバーグ監督が大好きだというキティちゃんを発見できてテンション上がった(笑)
あと、一ヶ所だけ日本語が使われてたのが嬉しかった(^^)