図司雪鷹

レディ・プレイヤー1の図司雪鷹のレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.3
2018/5/24編集

4dxで見てきた。自分にとって初4dx。意外と酔わなかった。
やっぱり体全体で感じた方が映画を感じられる。
この映画は人類にとっての夢が凝縮した映画だと思う。

すごい映像体験をした。VR世界が主な舞台になっているが、本当に引き込まれる。マジで叫びそうになった。3Dで見て良かった。色々なゲーム・映画などに対するリスペクトが感じられるオマージュが所々に見られた。メッセージ性も普遍的なものでありながらかなりの説得力。