acott

レディ・プレイヤー1のacottのレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.3
スピルバーグの、自分へオマージュを捧げてくれる映画やドラマたちへのアンサームービーって感じで、最高に面白かった!
ポップカルチャーが価値あるものであり、それで巨大ビジネスが動いている社会、という設定が嬉しすぎる。そして『電脳コイル』のように着脱が簡単なメガネ媒体でバーチャルと現実を行き来するとこも良かった。
先に見た人から、映像の情報量が多いので吹替推奨と聞いてせっかくだから3D吹替で観た。吹替で楽しめたけど、声のせいでネタバレしたとこがあったのだけ残念だった。
あと主人公の男の子、先日観た『聖なる鹿殺し』の主役の子に似ていて、ずっと気になりながら観ていたけど別人だった。鼻と口元が特に似てると思うんだけどなー。