ぺん

レディ・プレイヤー1のぺんのレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.5
映画をメインとした、エンタメ・ポップカルチャーが満載の作品。
元々それらカルチャーの作り手側であった、スピルバーグの優しさも感じる。
あんなキャラ、こんなキャラ勢揃いでとても楽しくなる。
もちろん『原作者に嫌われたホラー映画』再現のクオリティの高さは終始ニヤニヤしてしまうし。

ストーリーは意外とわかりやすい冒険ものだけど、それだけに様々な小ネタを楽しむ余裕があったな。
俺はガンダムで行く!は分かってても燃えるし、アイアンジャイアントの奮闘は泣けてくるし…
近未来の中にある懐かしさ、エンタメを素直に楽しむ気持ちを思い出せてとても居心地いい。

原作もいつか読んでみたいと思っていたゲームウォーズなので、この機会に読もうっと。