Aya

レディ・プレイヤー1のAyaのレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
3.7
私のゲーム&VR好きのガチオタクの妹だけが、昨年からずっとこの映画の話ししてたんですけど、私ゲームもしないしVRが何かもわからへんし、右から左やったんですよw

スピルバーグでキャストや製作陣良いのに公開時期が悪かったな、自分も含めみんなスルーやな、と思ってたらみんな褒めてるやないかww

あまりにも周囲の推しが強いので行ってみたら

後半、滝のように泣いてましたw

ゲーム好きより映画好きの方が楽しめるよ!と言われたのですが、私が映画を見始めたのもここ5年ほどだし、クラシックとかほとんどわかんねーなーとか80年代US詳しくないしなーと思ってたのにね・・・。

これタイ・シェリダンが出てるから言うわけじゃないんですけど「X-MEN/ファースト・ジェネレーション」感ないですか?

私の好きな「みんなで力を合わせて同じ目標に向かって努力する」という話やんか!
チームもの。

しかも仮想空間であるVR内の、文字通り別人になってどんなことでも出来る!オエイシス感と現実世界の近未来ゴミ溜めクソ人生の実社会。

そりゃどっちがいいって仮想空間の方がいいに決まってるよ。

自分の人生に満足してない人ほどこのオエイシスにのめり込み、創設者のマーク・ライランス自ら実社会は生きづらい。でもオエイシスではいきなり世界一の企業の株をゲットできるゲーム(ちょうむずいけど!)仕込みましたからみんなこぞってハマってちょ!と言い残して死ぬ始末・・・。

でも主人公は早々にそうではない発言をします。
そう、好きな彼女とオエイシスだけじゃなくて、リアル世界でも会いたい、と一線を越えようとしてくる。

このオエイシスと実社会にはひどく差がある。
好きな彼女も親友も実社会とオエイシスは違う、と言い切る。
だから映画でその垣根を超えてくるのかと思ったんですよ。
どちらも行き来しながら一つにしてどっちの世界のいいとこ取りする、みたいな。

でも違って!!

この2つは確かにシンクロしてるんだけど、かなり厳密に一線引いた住み分けをしてるとこが凄くクレバーな造りだな、と思いました。
しかも全く混乱しない。
今、誰がどっちの世界にいて、何のために何をしてるのかが全く混乱しない。

そしてそれぞれの世界でできることとできないことの住み分けも厳密に守ってきているので、一見なんでもできる!ように見えて、できないことはきちんとできないので、向こうの世界に行ってください、とハッキリ言ってくる。
死の概念すら明確に違うのですから。

当たり前かもしれないけど、見る前はそこを一体にした世界サイコー!を訴えてくるのかと思ってたから真逆のこと言われて相当びっくりしたし、私はその考え方めちゃくちゃ正論だと思うし、こういうSF映画でこそハッキリ言ってくれてとてもすごいと思いました。

「アイアン・ジャイアント」らへんが結構ピークでしたね。
「なりたい自分になればいい」なりたい自分になれる世界でなりたい自分になる。そして現実世界ではなりたくても、やりたくてもできないことを、仲間のためにできるよう努力する。

スピルバーグくらいの歳だと、あのオエイシスというなんでもできるこんな空間に溺れてんじゃねーよ人生苦味も得てこそだろ、とか言ってきそうなのに、そんなこと全く考えてなくて。

あのオエイシスにのめり込みすぎて債務を負ったり、実人生を崩した人を一切責めず、てか誰のことも、何のことも責めず、良い点だけあげて、オエイシスのおかげで、オエイシスがあったからこそできたこと、出会えた人、持てた夢を守るために、みんなで力を合わせよう。

オエイシスの中だけならわかりますよ?
でもちゃんと実社会でもみんな行動に出ます。
確かに理想論すぎて現実的じゃな〜いという人もいるでしょう。

でもね!ネットで世界と繋がれる現代。
そう遠くない未来。
私たちはこれくらいの夢をみてもいいじゃないですか?

てか見させてよ!現実は辛いんだよ・・・。
(ちょっとプライベートでしんどいことが続いておりまして・・・)
でもその現実を生き抜いて知恵を絞ったからこそ、このオエイシスを作ることができたんです。
どちらが秀でてるではなく相互関係。
どちらが欠けても寂しいよ、という結論。

そしてちゃんと働くペッグ。
エドガー・ライト作品以外で見るペッグの普通の人っぽい安心感ww
だいぶ慣れてきました。

近未来が舞台だから意図的に多人種にしてるのか!だから言語差あってもあんま気にならなかった。

あまりにも映像がすごい為、普段なら出来るだけ回避する3Dで見た方が良かったな〜とも思った。

そして思ったより映画ネタがわかって楽しかったです!
そんな古くないし、そんなマニアックでもない気がした。
たくさんの映画やアニメや多分ゲームの話が出てくるけど、わかんないとこはわかんない!でもわかるとこはわかる!とそこは結構散らばっててありがたかったです。


しかし、不満もありまして。

アイツも救ってあげて欲しかった。
アノ人は自分の信念じゃなくて仕事してただけやし。
そりゃオーストラリアのクソマヒアやったり13歳のルーニー・マーラに手を出してる上、親子で刑務所に入ってたりしますがw
ちょっと勧善懲悪過ぎて、そこは優しくないな、と思った。

あと、これラスト結構ムカつきませんか?

なんやねんその火木?!
もし私がゲームやってる人ならめちゃ暇やわ!
自分だけ何上がりましたー!みたいになっとんねん!!と思ったw
オタクなめんな!!


日本語字幕:岸田 恵子