bluemomday0105

レディ・プレイヤー1のbluemomday0105のレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.0
あまり興味なかったけど、前評判の高さが気になって観てきました。なるほどこれは皆さん好きなやつ! スピルバーグファンもオタクも楽しめる。オタクと言っても、少なくてもちょろっと80年代カルチャー履修した人ならわかる匙加減なので、映画館に足を運ぶ人ならまあわかるレベル!

主人公たちのVR世界の宝探しが現実に影響していくストーリーと、VR世界を作り出した天才の青春と痛みが寄り添っていくのがエモい。
VR世界の「オアシス」を作り出したハリデー絡みの話は、「ソーシャル・ネットワーク」を思い出したり。「オタクじゃなくて性格悪いからモテないんだよ」ってトドメ刺すミューズのいない、幸せなソーシャル・ネットワーク。

どうしようもない現実からJUMPしたくて飛び込んだVRの世界。中にログインするたび現実に近づいていく。SNSで知り合った人間関係が現実にも結びついていくように。でも実際に対峙しなくてはいけないのは、ログアウトできない方の現実。
私はゲームはやらないけど、SNSとの折り合いの付け方については考えてしまいました。

「オアシス」のイベントで一番参加したいのはもちろんVR映画館! シャイニングはイヤだけどw あと音楽がドチャクソ80年代だから、この辺被ってる世代は本当に楽しい。
しかしタイ・シェリダン、X-MENではサイクロップスだし本当にゴーグル付けてる時間が長いなあ…とか変な共通点を見出してしまった。

もう終わりかけに観てしまったので、4DX上映に間に合わなかったのが本当に後悔!