しげお

レディ・プレイヤー1のしげおのレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.0
スピルバーグ監督はやはりジャパニーズ大好きですね。リスペクト半端ありません。あんなモビルスーツや、あんなゴリラ、あんな怪獣がどんどん出てきます。

細かい所を観察すると、もっとたくさんキャラが出てきます。字幕追ってたら見逃します。そう言う意味で、この映画は吹き替えで見るべき映画だと言えるでしょう。

DVD出たら何度も一時停止して見直したい!
見れば見るほど発見がある作品であると思います。

そして何と言ってもこの映画の見所はVRの世界感でしょう。その映像美には心底魅了されました。

構成的にはVRの世界と現実の世界のリンクの仕方がとてつもなく素晴らしく、リアルと非リアルの狭間を振り回されます。とても心地よい錯覚を常に体感していました。

テーマとしては、ネット上での暗証番号の管理や実名公表の危険性など、インターネット社会を生きる私たちに対する警鐘を鳴らしている…そう言った意味でも、まさしく今を生きる私たちが鑑賞してこその作品であると思います。

でもまぁ、難しい事はさて置いてとりあえず面白い!とりあえず楽しいひと時でした。