凪

レディ・プレイヤー1の凪のレビュー・感想・評価

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
4.5
スピルバーグ監督って年齢を重ねても才能が衰えない方だなぁとしみじみ思いました。
シンプルに娯楽映画としての完成度が高いです。そしてネット社会に対する警告を発する作品が多い中で、この作品は現実世界と仮想世界の共存を前向きに描いていたのが説教臭くなくてよかった。
パーシヴァルとハリデーは似たもの同士だからこそ反面教師にして、違う選択が出来たのだと思います。

金田バイクとガンダム目当てに観たけどやっぱりかっこよかったです!他にもたくさんのキャラやオマージュが登場するので、映画好きやアニメ・ゲーム好きには観ているだけで楽しくて、スロー再生してキャラ確認したくなります。特にシャイニングオマージュは最高でした。
そして仲間たちみんな魅力的。
ダイトウめちゃくちゃかっこいいです!
そんなお祭り騒ぎに気を取られがちですが、伏線もきちんと張られていてびっくり。

CGも綺麗でこのバーチャル世界に行きたくてしょうがない。日本愛を感じる作りにも感謝です!
スピルバーグ作品観てないものもあるので、ちゃんと観ようと思いました。