みー

レディ・プレイヤー1のみーのネタバレレビュー・内容・結末

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

若い世代向けSFファンタジー…?

そう遠くない未来で
VRが今よりも発達した感じで、
少しはリアリティがあるのは良かった。

シャイニングやアイアンロボットや
チャッキー、デロリアン等
有名どころの映画を観てる人は楽しめると思う。ゴジラとガンダムとかも面白かった。

ただVR付けて現実世界で
動き回ったりするのに
外でVRしている人が居たりして、
世界観設定がガバガバな所ばかり。

キャラ設定に関しても、皆薄く
ヒロインは現実世界で普通に美女であり、
ここは良くある美少女設定と言うか
大抵は顔面偏差値低めの人のがリアリティあるのに、よくある美少女系アニメ設定と言うか…。

主人公に関しては、
最終的にはリア充になるわけだけど
ありきたりすぎてなんとも…。
最後に関しては仲間と設立したにも関わらず、主人公とヒロインリア充ですよで終わってしまって…うーん。

オタクでも彼女はできます!な映画で見てて若干白けてしまう…。努力せずしてリア充にはなれないよ…。

ストーリーの展開的にも、早すぎてこだわりもなく、ぎゅっと圧縮してしまった感じ。急ぎ足すぎて後に残らない作品だなぁ…。

面白いところもあるのだけれど、
残念な部分がありすぎて補いきれずに
普通、な映画でした。