レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円を…

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして想 像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

【ネタバレなし】
ズケジュールの都合で、苦手な3D吹き替えで鑑賞したんですが、
大大大正解だったかもしれない!

現実世界の3D映像はどちらでも良いかもしれませんが、オアシスの世界は3Dのためと言っても過言ではない!…んじゃないかと。

日常ではドライブのサングラス程度でしか眼鏡をかけないので、本来は違和感ありまくりの3Dメガネも、VRゴーグル気分で、彼らとプチ同化してるようでした。

映画が始まった途端、映画を観ることの初期衝動のワクワク感がスクリーンから溢れてくる感じが、初めて『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観た時の気持ちを思い出しました。

このワクワク感って、もしかするとスピルバーグの作家性とイコールなのかなぁ…と思うと素晴らしい!

CMや予告でも出ていますが、既成のキャラもバンバン出て来て一回では確認しきれない位の量。
最早、世界的な大監督という特権を最大限にフル活用してくれた、というより、自分のやりたいことをやっちゃった!みたいな感じだったんじゃないかなぁ〜。

しかも、極め付けは、アノ映画の中に入ってゆくなんて!!!
その再現力もハンパなかった!!!


ちょっと突っ込ませてもらうと、2045年からすると'80thも2018年の現在も、感覚的にはオールディーズで一括りになってそう…。
(コメント欄に更にネタバレでツッコミ!)

でも、これぞスピルバーグ!でした。
かむい

かむいの感想・評価

4.0
アメコミネタ、音楽ネタ、ジャパニーズカルチャーとかが盛り込まれてて結構楽しかった
moca

mocaの感想・評価

3.7
ストーリー面白い!
まぁまぁ。主人公が童貞ヲタクの癖に女の子の髪かきあげて顎クイっとするのが意味不明すぎて笑った。
あと悪役の子分の女、ハナージョンカメン嬢好き。
爆走するトレーラーの中でVRやるのは移動シーンに効率性を求めるスピルバーグならではかと思った。
みょん

みょんの感想・評価

4.0
🦋あまり期待しなかった予告
🦋けど本当にさすがスピルバーグ
🦋大好きでした
gabyoko

gabyokoの感想・評価

2.0
VR世界・オアシス。そこは寝る食べる以外は何でもすることができる世界。全世界の人々は熱中していた。
ある日オアシス創始者が、彼の全財産とオアシス運営権を掛けた宝探しを宣言。その日から宝を掛けたゲームが始まった…

やりたい放題。いちおヲタク主人公vs巨大企業という構図を骨格として、仲間と共に宝探し&バトルなストーリーが展開されていき、昔の映画やアニメが登場し楽しめる要素は満載されている。
ただ、主人公がヲタクなはずなのに妙な行動力を持っていたりちゃっかり恋愛成就していたり、ハッピーエンド至上主義すぎてB級感が半端ない。
あくまで3D映像を楽しむ為だけな作品。
『市民ケーン』(オーソン・ウェルズ監督、1941年)味があって、グッときた。「バラのつぼみ」をめぐる物語。それも市民ケーンでは救済されない物語が、こちらでは救済される。時を超えて誰かが救われるのはいい。それも未来の誰かによって。泣いた。
IMAX3D字幕鑑賞‼︎

映像スゴすぎる!

サボった採点‼︎
>|