レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

【ネタバレなし】
ズケジュールの都合で、苦手な3D吹き替えで鑑賞したんですが、
大大大正解だったかもしれない!

現実世界の3D映像はどちらでも良いかもしれませんが、オアシスの世界は3Dのためと言っても過言ではない!…んじゃないかと。

日常ではドライブのサングラス程度でしか眼鏡をかけないので、本来は違和感ありまくりの3Dメガネも、VRゴーグル気分で、彼らとプチ同化してるようでした。

映画が始まった途端、映画を観ることの初期衝動のワクワク感がスクリーンから溢れてくる感じが、初めて『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観た時の気持ちを思い出しました。

このワクワク感って、もしかするとスピルバーグの作家性とイコールなのかなぁ…と思うと素晴らしい!

CMや予告でも出ていますが、既成のキャラもバンバン出て来て一回では確認しきれない位の量。
最早、世界的な大監督という特権を最大限にフル活用してくれた、というより、自分のやりたいことをやっちゃった!みたいな感じだったんじゃないかなぁ〜。

しかも、極め付けは、アノ映画の中に入ってゆくなんて!!!
その再現力もハンパなかった!!!


ちょっと突っ込ませてもらうと、2045年からすると'80thも2018年の現在も、感覚的にはオールディーズで一括りになってそう…。
(コメント欄に更にネタバレでツッコミ!)

でも、これぞスピルバーグ!でした。
みるく

みるくの感想・評価

3.7
面白かったけど途中飽きちゃったとこがあった。

でも80年代のポップカルチャー、キャラクターが沢山出てきたのでワクワクしながら見れた!!
Ato

Atoの感想・評価

-
ワクワクしたね!
オタクによるオタクのための映画って感じがする
ポップカルチャー最高

忍者はハグしない!
オマージュが沢山盛り込まれていて愛を感じて、スピルバーグがもっと好きになりました。この作品によって現代における映画館の存在意義が全肯定されたと思います。この作品こそ大きいスクリーンで体験するべき映画だと思うから。もう一度映画館でやる機会があったら見てみたいです。

批判してる人もいたけどソレントがパスワードをメモで保存してるシーンが個人的に好きでした。もし総てソフトで管理してクラッシュした場合に悲惨だからハードで保存する良さはあると思うし、それが将来において人間がデジタルと上手く棲み分けできる可能性を示唆しているように感じた。

シャイニングのオマージュ、特に双子の女の子がやっぱりよかった。それと他の方のレビューを見て、市民ケーンを見ないといけないなあって思いました。
disk

diskの感想・評価

4.5
映画館で観たかった!
LENA

LENAの感想・評価

4.3
友達と鑑賞
面白い
森崎ウィンくんが日本語話すところおーってなる

続編が楽しみ
映画館で観れてよかった
スピルバーグ監督の映画って感じ
王道で面白いけど、少し飽きちゃう
いなば

いなばの感想・評価

3.6
最初面白かったけど途中で飽きちゃった
>|