レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.2

あらすじ

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円を…

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして想 像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

そこは、いつでも「想像」を「創造」できる世界。
さぁ、準備はいいか?



★5つ?
まったく足りない!
宇宙に瞬く全ての星を足しても、まだ足りない。
ここ何十年で体験したエンターテイメントの中で、間違いなく最高レベルの超傑作!
加えて、近年最高の3D体験でした!



ウルトラマンがベムラーをスペシウム光線で倒すのを観た、あの日。

「メカゴジラの逆襲」を観に、初めて映画館へ行ったあの日。

「ワールドスタンプブック・怪獣の世界」や怪獣消しゴムを友達と競うように集めていたあの頃。

ランボルギーニ・カウンタックに憧れて、ケイブンシャの「スーパーカー大百科」を買って貰った、あの日。

初めて「ナイトライダー」を観て、喋る車に驚いた、あの日。

父親に連れられて「E.T」を観に行った、あの日。

テレビで「スターウォーズ」を観て、フォースは理力って言うんだと思った、あの日。

近所の友達が「エイリアン」を観に行って感想を聞いたら「よく分からなかった」と返された、あの日。

初めてカセットテープのパソコンゲームをレンタルして、Wラジカセでダビングして「ミステリーハウス」をプレイしたあの日。

初めて「MSXマガジン」に載っていたBASICプログラムを丸写ししてゲームが起動できた、あの感動。

ガンプラのザクを組み立てて、すぐに腕がとれて悲しくなった、あの日。

ガンプラのリアルタイプゲルググの塗装をしていたら、いつの間にか庭に(まっどな)兄のプレハブの部屋が建っていた、あの夕方。

初めてドラクエをクリアして、エンドロールで号泣したあの日。

初めて「鉄拳」を店頭で遊んでショックを受け、すぐさまプレステを買った、あの日。

日がな一日中、駄菓子屋でインベーダーやクレイジークライマーをプレイしていたあの頃。

どうしてもインベーダーゲームが家でやりたくて、一年間小遣いをためてテレビベーダーを買って、猿のように遊んでいた、あの頃。

初めて「13日の金曜日」を観て、ドラキュラや狼男とは違うホラー映画を知った、あの夜。

昼の1時から放送していた「超時空要塞マクロス」の早瀬少佐に恋して部屋の壁にポスター貼っていたあの頃。

「超電磁ロボコンバトラーV」のポピニカ超合金を三年かかって五機集めて、初めて合体させた時のあの感動。

「北斗の拳」の第1話を初めて読んだ時の脳天まで突き抜けるような、あの衝撃。

新聞の広告で、初めて「ターミネーター」という映画の存在を知った、あの瞬間。


・・・・・とても書ききれない、その全てが自分の価値観を形成してきたものばかり。
どれもが忘れられないステキな出会いだったし、血肉となって消し去る事なんて出来ない良き思い出です。

観た者それぞれが持つ、そんな素晴らしきカルチャーショックを丸ごと内包した夢のような映画、それが「レディ・プレイヤー1」。




「俺は○○○○で行く!」
痺れたね、マジで!


劇場(109シネマズ湘南・IMAX3D・字幕版)にて
好きな人には申し訳ないがスピルバーグ監督って何か「さぁ感動しろー」みたいな感覚がしてまさあまり好きではなかったのですが、これはまぁ好きかなーって。
ガンダムとゴジラとアイアンジャイアントが好きならラストにかけての展開は胸熱。
ストーリーも謎解き部分もあってそこが結構面白い。
ゲームに終始しているのもイイ。
でも1回見たら満足かな。面白かったーって笑ってあそこでアレが出てたねーって話しておしまいかな。
2回目を見たいとは思わないかな。別に。
あみ

あみの感想・評価

4.3
IMAX3Dで見たのと、この映画のテーマがVRなのが相まって、自分がこの世界にいるかのような感覚を覚えた。世界の作り込みが文句なしであったし、この映画のいいとこは、あり得ない世界じゃないと思えたところ。それに、戦ってても誰も傷つかないところ。面白かった。また見たいと思える作品。
SATOKAZU

SATOKAZUの感想・評価

4.3
スピルバーグはほんとすごい人だよね、って言葉が出ない人とは、
多分付き合えないと思いました。

それくらい、
超最高級で唯一無二な、
エンタメ作品なんだけど、

なんか、
ドンピシャじゃないとゆうか、
すげえズレ感とゆうか、
価値観違う感とゆうか、
突き放し感とゆうか、
オタク最強かよ感とゆうか、
シャイだなあ感とゆうか、
サブカル最強かよ感とゆうか、
ユニバーサルスタジオアダルトモード全開感とゆうか、

そーゆーところ、
ぶっ刺さる人には刺さるし、
ダメな人はダメだし

とゆうところで、
マッチする相手探しとしても、
この映画は、
最適な最強なエンタメ作品だと思いました。シャイだから。
anna

annaの感想・評価

-
作り手との対話。
そんな部分の描き方が良かった。

VRの世界なのに?だから?少し閉塞感があったのが気になり、終盤の丸め込まれてる感に抵抗があったけど、久しぶりに人と観て共有できたのが楽しい映画だった。

外で大勢がVRに夢中になる姿は、なかなかにゾッとする。
渡辺薫

渡辺薫の感想・評価

4.5
スピード感が凄くて目が回りそうな感じはありましたが、最後まで飽きさせない作品で面白かったです。
moto

motoの感想・評価

3.0
109シネマズ二子玉川
海

海の感想・評価

3.4
3Dで観た。
すごく飛び出すとかじゃなかったけど、立体的なキャラクターがゲームの世界観を強調させてくれた。
4DXだと倍楽しめそう。

"メイズ・ランナー"や"ハンガーゲーム"のように露骨な続きモノだと思ってたら違うみたい。
予備知識としてホラー映画を知ってた方が楽しめるかも。

本当にこんな未来が来そうだなあ。
映画館で観る価値あったので満足。
VR世界「オアシス」で、手に入れた者に莫大な賞金と「オアシス」の運営権が与えられる″イースター・エッグ″を巡る争奪戦が始まった!って話☆

アメリカ、日本のオタク・カルチャーのアイコンが、画面狭しと大暴れ!
それぞれに活躍のウェイトには幅が有りますが、何かしらの琴線に触れるものがあるのでは無いでしょうか?

わたくし的に、「GODZILLA決戦起動増殖都市」のフラストレーションをこちらで解消しようとしたのですが、″メカゴジラ″の活躍はまぁ良しとして、逆に″RX-78-2″の活躍(?)にモヤモヤが・・・これでは燃え上がれません!!
(モデリングは無問題だが、あの決めポーズと動きは違うだろ!?)

ま、ついついこの手の作品となるとアレコレ言いたくなってしまうのがオタクの悲しい性というところでしょうか・・・
目を瞑りましょう。

しかし、サマンサ役のオリビア・クック嬢のタンクトップ姿はなかなか燃え上がるものがありました!イイーね♪

何度も観賞して、キャラ探しをしたくなる一本(* ̄ー ̄)☆
これはImax 3Dでしょう!と観に行きました。
私はゲーマーではないのですが、映画好きなのでこの映画の中で色んな映画のオマージュがあり、それは映画ファンとしてはたまらないものです!!
しかし長い!
前半のカーアクションあたりは3Dがバッチリハマッてよかったんだけど。
キングコング、メカゴジラ、など色々出てきて嬉しいのと、シャイニングのくだりは秀逸。
面白かったです。
セリフにも映画のことがたくさん散りばめています。
ゲームもきっといろいろあるんだと思います。
日本を意識したシーンも多く、森崎ウィンくんがなかなか頑張ってましたね。
ガンダムまで出てくるとは!俺はガンダムで行く!と名ゼリフもあり。
こんな世界はそう遠くないと思いますよね。
まあこんなものでしょうか。
>|