レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円を…

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして想 像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

そこは、いつでも「想像」を「創造」できる世界。
さぁ、準備はいいか?



★5つ?
まったく足りない!
宇宙に瞬く全ての星を足しても、まだ足りない。
ここ何十年で体験したエンターテイメントの中で、間違いなく最高レベルの超傑作!
加えて、近年最高の3D体験でした!



ウルトラマンがベムラーをスペシウム光線で倒すのを観た、あの日。

「メカゴジラの逆襲」を観に、初めて映画館へ行ったあの日。

「ワールドスタンプブック・怪獣の世界」や怪獣消しゴムを友達と競うように集めていたあの頃。

ランボルギーニ・カウンタックに憧れて、ケイブンシャの「スーパーカー大百科」を買って貰った、あの日。

初めて「ナイトライダー」を観て、喋る車に驚いた、あの日。

父親に連れられて「E.T」を観に行った、あの日。

テレビで「スターウォーズ」を観て、フォースは理力って言うんだと思った、あの日。

近所の友達が「エイリアン」を観に行って感想を聞いたら「よく分からなかった」と返された、あの日。

初めてカセットテープのパソコンゲームをレンタルして、Wラジカセでダビングして「ミステリーハウス」をプレイしたあの日。

初めて「MSXマガジン」に載っていたBASICプログラムを丸写ししてゲームが起動できた、あの感動。

ガンプラのザクを組み立てて、すぐに腕がとれて悲しくなった、あの日。

ガンプラのリアルタイプゲルググの塗装をしていたら、いつの間にか庭に(まっどな)兄のプレハブの部屋が建っていた、あの夕方。

初めてドラクエをクリアして、エンドロールで号泣したあの日。

初めて「鉄拳」を店頭で遊んでショックを受け、すぐさまプレステを買った、あの日。

日がな一日中、駄菓子屋でインベーダーやクレイジークライマーをプレイしていたあの頃。

どうしてもインベーダーゲームが家でやりたくて、一年間小遣いをためてテレビベーダーを買って、猿のように遊んでいた、あの頃。

初めて「13日の金曜日」を観て、ドラキュラや狼男とは違うホラー映画を知った、あの夜。

昼の1時から放送していた「超時空要塞マクロス」の早瀬少佐に恋して部屋の壁にポスター貼っていたあの頃。

「超電磁ロボコンバトラーV」のポピニカ超合金を三年かかって五機集めて、初めて合体させた時のあの感動。

「北斗の拳」の第1話を初めて読んだ時の脳天まで突き抜けるような、あの衝撃。

新聞の広告で、初めて「ターミネーター」という映画の存在を知った、あの瞬間。


・・・・・とても書ききれない、その全てが自分の価値観を形成してきたものばかり。
どれもが忘れられないステキな出会いだったし、血肉となって消し去る事なんて出来ない良き思い出です。

観た者それぞれが持つ、そんな素晴らしきカルチャーショックを丸ごと内包した夢のような映画、それが「レディ・プレイヤー1」。




「俺は○○○○で行く!」
痺れたね、マジで!


劇場(109シネマズ湘南・IMAX3D・字幕版)、セル・ブルーレイ3Dにて
Hotjojo

Hotjojoの感想・評価

4.2
シャイニングのとこ再現すごすぎ あんなんVRあったらちょー怖い🤭
こーゆー小ネタ満載の映画は満足感すごい!

音楽が80sで最高でした。
まるみ

まるみの感想・評価

3.5
始まりの集合住宅、スタックの雑多な雰囲気、その中で目的なく、ゲームの世界を楽しむ人々。
VRは未経験だけど、仮想の世界で自分のオリジナルキャラクターを使って、現実の世界ではなし得ないことが出来る…そんなの、誰もが手放せないし、抜け出せない、だって楽しいんだから!!
オアシスのワンピースことエッグを求め、日々ゲームのクリアを狙う人々と企業。
主人公が持ち前のオタクパワーと推理力を発揮して、次々とクリアしていく。
その中でロマンあり、友情あり、ガンダムあり、ターミネーターあり。
私はなかなかオマージュを見つけられない若輩者でしたが、それでもエンターテイメント的内容なので十分楽しめた。
もっとシャイニングとか様々な映画を知ってたら楽しいかな??
私的に展開が早くて序盤は追いつけなかった!
スピルバーグにしてはメッセージ性弱いかも
グラフィックは文句なしで綺麗
ただ構成に改善の余地ありかも
aqura

aquraの感想・評価

3.8
終盤、やっぱりスピルバーグ節。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

4.6
噂通りすごく面白かった!映画館で見たかったなあ
迫力とスピード感に溢れる。リアルとバーチャルの世界の境目、その先行きを示唆する名作
情報てんこ盛り
>|