レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

最高に楽しかった。さんきゅースピルバーグ。
Thomakito

Thomakitoの感想・評価

4.5
内容に期待していなかった分
観た時、本当に面白いと思えた
さすが、スピルバーグ監督って感じの
納得な映画
去年くらいに映画館で観た。

結構近い未来感があって良い。

チームの個性ある感じ、中二病にクるわ〜
めちゃくちゃ面白い。
スピルバーグのアバターって作品が何回も観るほど好きなんだけど、今作品も同じように何回も楽しめる内容!
VRが流行って、自分の理想を仮想世界に求めることがあるかもしれないけど。
現実に勝るものなんてないんだ!ということを教えてくれた。
ゲームの世界もいいけど、リアルに仲の良い友人たちと一緒にいる時間も大事なんだな!
すげー良い映画でした!
masae

masaeの感想・評価

4.0
ポップカルチャーへの愛と夢が詰まったおもちゃ箱みたいな映画だった。もうずっとワクワクしっぱなし!
みのり

みのりの感想・評価

5.0
映画館で見たのにつけ忘れてたからVODでもっかい見た!

こういう時代来たらどうしようって思ったけどそんなのどうでもいいくらい興奮した!!
映画好きアニメ好きゲーム好きにはもってこいの映画だ〜

オアシス内のアバター、映画のアバター思い出した

この映画のおかげでシャイニング見ようと思えたから感謝してる〜〜

続くんだったらどんな展開になるんだろう!
ami

amiの感想・評価

3.8
オタクが世界を先導したり救ったりしつつ3次元っていいよねってなる話。謎解きしたり、好きな対象を深掘りしたりする時間の楽しさがとても伝わってきた。結構すいすい簡単に話が進むので後味は軽い。
CHIKAGE

CHIKAGEの感想・評価

4.1
みんなが2つずつ名前があって混乱した。

話はさすがスティーブンスピルバーグですね、新鮮でひねられてて面白かった!
「オタクとはなろうとしてなるものではない.そう産まれてくるものだ」
 -とあるオタクの発言-
こんばんわ三遊亭呼延灼です.避けて通っていたレディ・プレイヤーワンですがついに観ました.まずは膨大な版権処理を完遂した法務部の皆様に盛大なる拍手を送りたいです.ここだけでも一本の映画になりそうな艱難辛苦だったのでは,とホント感心いたしました.そうですね,主演はトム・ハンクスが適任でしょう.
そして物語・・・というかキャラクター・・・というかアバターですが,とても恥ずかしかった.まるで他人の自慰行為を見せつけらているようで大変恥ずかしかったです.例えば2018年に発売されたソウルキャリバー6は自由度が高いキャラクリが評判ですが,まだモニター越しだからいいんですよ.美少女の向こう側がハゲ散らかしたおっさんの可能性あったとしても.でもVRなぁ.ハグすることもできる空間でそれが現実の身体にフィードバックされる,そうなってくるとアバターとリアルの人物の乖離がとてもとても気になって,没入どころじゃありませんよ,あたし的には.ましてやそのアバターって,その人の欲望を立体化してるんでそ.もう恥ずかしくって恥ずかしくって,あたしは絶対無理です.
リアルといえば,コロンバイの街中で大勢の人がヘッドセットを装着してましたし,あげく第三ステージの攻防をお外で展開してましたが,あんなの一歩間違えればカルト教団ですよ.だいたいリアルで危険でしょ.ダッシュしたら車道で轢かれたらどうするんですか.プレイヤーは自業自得だけど,ドライバーさんにはいい迷惑です.
でもね,結局泣いちゃったんですよ,私.最後の最後,子供時代のハリデーが一心不乱にゲェムしてる姿観て,そしてそこで交わされるウエイドとハリデーの会話聞いて,「あぁ私はオタクに産まれてホント良かった」と.だから私は本作を評価する事にします.はい.
>|