レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

スピルバーグはただのヲタやん!の一言で感想を終えたくなる作品w1980年代のポップカルチャーのクロスオーバーばっかりで、その時代を生きた人には、この作品自体がオアシスだろうと思う。私もオアシスに住みたいw
でもいいな、映画だから、スピルバーグだからこんなことが出来るんだよね。映画版のWe Are The Worldみたいで泣けて来た。いや、森永製菓のおもちゃの缶詰状態と言った方がいいのだろうか。あらゆる障害を乗り越えて融合したパズルが、美しくないわけがない。楽しくないわけがない。きっといつかスピルバーグを目指し、スピルバーグよりもスピルバーグを理解した青年が、彼を越えていくのだろうな。それを一番楽しみにしているのは、スピルバーグ本人なのだろうなとエンドロールを眺めながら思った。
kou

kouの感想・評価

3.8

近未来的で面白かった。

現実にこんなのあったらやってみたいし、あの服とかも着てみたい!

日本のキャラクターが出るとテンション上がるね!!
caiyi

caiyiの感想・評価

3.3
VRと現実の対比に最初は絶望させられるけど、だんだん双方の世界がリンクしていきゲームをクリアする中でリアルでも希望が見えてくる展開がよかった。敵のボスやシクサーズたちが強すぎないところもかわいい。ゲームほとんどしない人間でも楽しめたし、ゲームしたくなるし、VRギア欲しくなる。
やっぱりスピルバーグはこういう映画だよなぁ!となりました。

VRを見事に仮想現実に仕立て上げていて、視聴者を楽しませる工夫が至る所にありました。
同じ作品でももし監督が違ったら、どんよりとしたディストピア物になりそうなとこですがそこはスピルバーグ、素晴らしいエンターテイメントにしています。

やっぱりなんといっても最後のシーン!!盛り上がらないわけがありませんね!!!
一緒に見てた親父がガンダム出てきた時にはしゃいでた

ルーカスとかキューブリックとかスピルバーグ作品以外の映画も出てきて楽しかった

色んな映画、ゲーム、アニメを楽しんでる人ほど面白いんやろうし、一緒に見てる人とあれ見たこれ見てないとか言いながら見るのが楽しいと思う

珍しく色々語りたくなった映画、激アツ
物語は、ゲーム世界を舞台に、アバターを通して展開していく

アバターばかりのシーンは、どことなく味気ない笑
けど現実世界が絡んでリアルの顔が見えてくると、とたんに感情移入しはじめてしまう

特にクライマックス、現実で流れた涙にはグッとくる!
人の純粋な感情ってうつくしいんだ

個人的には、リアルで人間が動き始めてからが一層おもしろい!
トラックで逃走しはじめてからは目が離せなかった笑
りお

りおの感想・評価

3.8
観たのは結構前ですが!
大分面白かったです✨
ガンダム出て興奮!
こんなVRができる時代がすぐそこまで来てるな~と思ったりした!笑
ホラ丼

ホラ丼の感想・評価

1.9
もっと、期待してたのです。
さすがスピルバーグともいうべき作品でした。さして、ゲーム好きでもなく、この時代のポップカルチャーに精通していなくても、ワクワクできる楽しい映画です。
「俺はガンダムでいく!」はこれから事あるごとに使いたいセリフ。(使う場面無いけど)

確かに公開時に言われていた通り、4DXや3Dで見ないと楽しさが半減する映画だなと思う画作りや動きが沢山ありました。DVDで見てると時間が長いので、やや後半は興奮も冷めてくる…。
映画館なら最後まで飽きないし、映画への入り込み方も違うのだろうなぁと後悔。もう1回公開してくれないかな…。

ストーリー的には上手に着地していますが、可もなく不可もないというのが率直な感想。ハマる人はとことんハマるでしょうけど、最初にも書いたように、そこまでポップカルチャーには精通していないので、「面白いな~」くらいで留まってしまった。
ただ、あの歳でこんなにも少年心をくすぐるような映画を作るのも凄いし、なおかつこんだけのキャラクターを盛り込んだのが映画は彼以外には作れないでしょう。そういう意味でも見て損はない映画でした。
rsi

rsiの感想・評価

3.9
あそこまでの世界を 見しておいて
きっと現実が大切だって言ってる
斬新だし尖ってて 80'sをプレイ
実際にこうなったら なんのキャラになろうかな
>|