レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円を…

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして想 像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

Lisa

Lisaの感想・評価

4.5
控えめに言って最高。ヤバすぎ。
と同時に世代じゃない自分にマジで腹がたつ。何であと25年早く生まれなかったんだろう、意味が分からない。

小ネタを押さえてあと2回は映画館で観る。絶対観る。
迫力すごくて映像もめちゃくちゃ派手でおもしろかった!主人公が陰キャぽかったからちょっとハラハラしたけど、ヒーロー的なポジションのままでちょっと安心した
森崎ウィンがイケメン
続編もたのしみ!

このレビューはネタバレを含みます

映画好きによる映画好きのための映画だったけど、世界中の色んなオタクが大興奮するような内容だった。
映画以外にもゲームとかアニメのキャラとかが出てくるから最高!

私はまだ知ってる作品とか少ないし、ゲームもあまりやらないから知らないもの多かったけど、デロリアン出てきた時は盛り上がったし、キティちゃんも見つけられて楽しかった!

これは映画なのに自分がゲームをしてる気分にさえなっちゃうね!

博物館(?)の案内人は何かしらのすごい人なんだろうなぁとか、何者なんだろうって思ったけど、モローだとは思わなかった💦

映像の美しさ、鑑賞者を魅了する音楽、最後まで飽きさせないストーリー、どこを取ってもすごいね!流石スピルバーグ!
かず

かずの感想・評価

4.0
"現実だけが本当にリアルなものだから"

圧倒的今更感。ご無沙汰です。
リメンバーミーのレビューかと思いきや、このレビューが先行します。
書き終えてる下書きを先上げておきます

ネタバレ含まれても許される時期になったでしょう笑
丸の内ピカデリーではかなり遅い時期まで上映していましたね。

字幕で2回観た作品でしたが、吹替で見つけていないキャラクター探しが出来れば良かったのかな…と。

自分のなりたい姿、形、世界で過ごせるオアシス。冒頭や半ばに出てくるシーンは、いかにも現実逃避。
序盤のシーンの情報量はなかなかのモノ
こりゃキャラクター見つけられないわけだ。

5年前に亡くなったハリデーが残した遺言は、オアシスに眠る3つの鍵を見つけた者に56兆円の全財産とオアシスの運営権を与えるというもの。
ウェイドが出会う仲間達と、美女アルテミス、支配を目論むlol社。
第1の鍵であるカーレースをスタートに争奪戦が始まる。

鍵といってもただ走り回っていて見つかるような容易いものではなく、後継者に相応しい者にしか見つけられないという。

2つ目の鍵となる、シャイニング。2回目の方が身構えて声を出して驚いてしまった笑。映画も怖いもの見たさがあります。

"俺はガンダムで行く"
さすがに痺れた 笑。ラストシーンもただただ、カッコいい。胸熱。

音楽についてポロポロ。
この作品のOP、トレーラーでも流れている、「ジャンプ」本当テンション上がります〜
この年代の曲を聴いてると親に懐かしいと言われますが。笑
「I hate myself for loving you」を聴きながら見るデロリアンはカッコいいなぁ。


"現実は辛く苦しくいいことばかりでは無い"
仮想はあくまでも仮想。
ネッ友だけの関係でなく、リアルな関係を。深く知り合えて居ないからこそさらけ出せることもあると思うんです、でも直接言い合える関係は更に大切。そう思います

VR技術が進化してきている現代において、オアシス的な環境が整うのはそう時間がかからないはず。
だからこそ2045年という設定なのかな…なんて思ってました。

コマ送りにして見てみたい作品。

素晴らしい娯楽映画です
TYO25MAN

TYO25MANの感想・評価

3.6
エンタメはこうじゃないと!
映画館で観れて良かった
ミロ

ミロの感想・評価

3.5
ゲームアプリ感
「俺はガンダムで行く!」
↑「俺もガンダムで行きてぇ!」ってみんな思うでしょ笑
スピルバーグ監督やってくれましたねぇ、素晴らしい👍‼️
日本生まれのアニメやゲームの文化をこうやって最高の映画にしてくれたことに感謝しかないわ。全体的にそんなにSFっぽくなくて、実際にこれから発展していきそうなVRの世界観だから入り込みやすかった。
もしやこれは本当の未来かもね⁉︎
ヨヨ

ヨヨの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

これは箇条書きでうだうだべらべら脈絡なく書くべき映画だと思ったのでそうします

・最序盤、HMD装着で始まるオアシス紹介シーケンスがすごい。目に映る風景がダイナミックにギュンギュン移り変わって仮想世界の奥へ奥へ進んでいく、文字通り没入感のある映像。これHMDで観たいよな〜
・MOD製作者が仲間にいるおかげで、あのアバターやこのアバターもこうして非公式にMODで作られたのかなとしみじみできる。僕なんかは全然誰が誰だかわからないし、多分ハリデーも知らなかったり趣味じゃないのも含めた大量のキャラたちが動いている、そんなあらゆるシーンで、いちいち誰かの愛情を感じてしまう。オアシスはかつてハリデーの作品だったけど、もうとっくの昔にプレイヤーたちのものなのだ!(ピープルvsジョージルーカスを思い出す)
・デロリアンのPART2避け(タイヤを横にするやつ)、最高
・オタクvsビジネスマンみたいなありがちな構図かと思ったら敵が土壇場でメカゴジラ召喚してお前もフレンズやんけと笑うんだけど、原作準拠じゃない特注モデル(らしい)なのが性格出てるねってことなのかな。最後「撃たない」様子がわざわざ映されるあたり、社長もまた単なるビジネスマンとして描かれたわけではない
・ゼメキスボム、撃たれた側からはどういうふうに映るんだろう? 廃課金アイテムが強すぎるのよくないと思います!
・エッグの鍵を探す謎解きはあまりに個人的なもので、ハリデーマニア以外にとってエキサイティングとはいえない。これらの試練を通過した者が来た道を振り返ってみても、あの時ダンス誘ってたらうまくいってたのにナ〜みたいな自意識エピソードくらいしかない。世界で初めてゲームに仕込まれたイースターエッグは「製作者の名前」だったという言及もあるしまあそういうものかという気もするが、それにしたってハリデーやハリデーの好きな作品について熟知してるかどうかで勝負がほぼ決まってしまうのは。第一試練、何も起こらずスーッとそのままゴールしちゃってびっくりした。
イースターエッグと銘打ってはいるが、これは単なる遊び心の隠し要素ではなく最大級の報酬つきメインコンテンツなのだから、一部の人を除いた多くのプレイヤーにとってみるからに退屈なのはどうよと思う。オアシスが「(単純な娯楽のための)ゲームではなくなってしまった」ことを嘆いた人の遺作とは思えない
・死亡ペナルティがデータ全消去ってハリデーやっぱり最初からまともにゲーム作る気なかったんじゃ
・ハリデー(とスピルバーグ)はゲームじゃなくて映画のオタクだし、第一第二試練とも映画アトラクションとして超楽しかったのはもちろんだ。でも第三は全部社長のおかげだかんな
・主人公は叔母の死をサクッと乗り越える(というかほとんど無視する)。この映画に「叔母の死」は必要だが「叔母の死を悼む」は別にいらないのだとスピルバーグに言われたら我々はハ〜そっスねと言うしかない。このへん同時期にやったアベンジャーズ・インフィニティウォーと対照的。素晴らしいテンポの代わりにその手の深みはゼロだ!
・そういえばポータルから出てくる社長ちょっとサノスぽかったです。ヨッ社長
・パスワードを紙に書いて手元に置いてるの笑いました、やっぱり社長はチャーミング
・ニンジャズ ドント ハグ
・礼儀正しく義理堅い日本男児のプレイする鎧兜の三船敏郎風サムライアバターが日本語で決め台詞言いながらガンダムに搭乗する場面、あまりにあまりで最高
・結末納得いかね〜楽しかったしいいか
主人公が陰キャ
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.3
途中3回くらい寝たから3.3笑
>|