レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

ジュマンジと二本立てでみたわけですが、やっぱり映画ってええな〜。

結局どんな娯楽も現実世界にフィードバックしないと意味がない。
息抜きにしろ、のめり込むにしろ、ただ消費するだけではなく、現実世界につなげるべきであるというメッセージを感じた。

マニアックな人には、いろんなキャラをみて興奮できるはずですか、浅い僕にはあまりその部分にはそこまで乗れず。ただ、名作映画のオマージュをバンバン入れてくるあたりはいちいち感動した。

小さなツッコミどころはあるけど、VR世界のお話、やけど未来はディストピアというところでもう面白かった!
Saki

Sakiの感想・評価

4.3
やばい
どストライク映画!!
めっちゃ面白い…
映画館で4DXで観れへんかったのほんまに悔やむ、、😭あほだなー
なんか色んなキャラでてきて死ぬほどおもろいからまじ見て欲しい。











どうですか
頭から首まで漢字で並べてみました。
性子

性子の感想・評価

4.5
俺もガンダムで行きたい
原作の流れをガン無視するようにスピルバーグがとあるステージをぶっ込んでいて面白い。ストーリーが陳腐だという意見もありますが、潤沢な予算で動く日本の映画/アニメ/ゲームキャラを眺めているだけで、幸せな気持ちになれるんですよ。
kam

kamの感想・評価

4.2
いやこれほんと面白かった。
シャイニング見なきゃ。
吹替に問題なし。

HaloとGears of Warネタが私のツボ。マスターチーフとかバトルライフルとか一瞬で壊れるランサーとか。画面の隅っこにキティちゃんいたりして笑える。自分だったらどんなアバターにしようかなーと妄想全開。私はプレデターでいく!

「ありがとう。私のゲームで遊んでくれて」ってセリフが最高。あのお部屋のシーンが一番好き。でもハリデーには申し訳ないが私はオアシスがあったら現実に帰って来ないと思うなあ…。

ゲームと映画のオタクは溢れまくる小ネタ発見するだけで幸せになれる作品。キミのオタク度が今試される!
Leo

Leoの感想・評価

4.0
日本物が多く出てきて魅力的だった
スピルバーグのサブカル愛をぎっしり感じられる作品でした!
>|