レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

アツい!
RikuOya

RikuOyaの感想・評価

5.0
とても面白かっタクスゼイアン
解説サイト見ると二度面白イルミナティ
スピルバーグがフリーメーソンの広報役として映画を通して世界にメッセージを伝える
どこまで行っても渋谷は日本の東京

信じるか信じないかはあなた次第
ystk

ystkの感想・評価

2.5
観た。
ヲタクが作った、ヲタクのための話って感じ。
tonemuff

tonemuffの感想・評価

4.0
現実逃避型引きこもりオタクの現実逃避型引きこもりオタクによる現実逃避型引きこもりオタクのための映画

最高っす。
なんだ、最近増えてるゲームの映画版か。なんて思ってたら違いました。

森崎ウィン出て来たのめちゃびびった…ハマり役というか、アクション良いですね。

さすがスピルバーグ、主人公のバーチャル界での髪の毛の動きが妙に気になった
途中でダレてしまった。
2時間20分くらいと長いけどすーーって見れた。

面白かった!
飛行機にて✈️
Bond

Bondの感想・評価

4.0
ガンダム
あきら

あきらの感想・評価

4.3
「俺はガンダムで行く!!!」
これはアガらざるを得ないwww

オタクってより、80〜90年代を生きた日本人には普通にノスタルジーですね。
と言っても元ネタの何%を把握できてるのか定かではないのですけども。

スピルバーグももう長老枠。
あらゆることをやり尽くして、巨匠と呼ばれるようになって、その上で尚、金に糸目をつけず気負いなく好きなことしたんやなっていう自由感が爽快!意外と少年還りしたくなるもんなのかもしれないね。
だけど王道エンタメ的にきっちり面白く仕上げてくるのはさすがプロの仕事です。

ストーリーは至極わかりやすくてある意味とてもゲーム的だけどさ。けどハリデーの孤独とかじわりと切なくてね。
普遍性とかってやっぱり大事なのだな。
最後のバラのつぼみが、女じゃなく友であったとこがとても素敵。
悪役も悪役らしく悪役の筋を全うしてて、それゆえの悲しさもあったり。

いや〜〜〜楽しかった。
やっぱり映画っていいね。そう思える作品を、今のスピルバーグ監督が作ってくれたのがとても嬉しい。
>|