レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

とにかく面白かった。3Dでまた観れたら観たい。
悪く言うとスティーヴン・スピルバーグのオナニー
面白かったです
Erina

Erinaの感想・評価

4.2
SF映画への興味は皆無だけど、
これは良かった!
さすがスピルバーグ!参りました。

いやあ、オアシス、すごい世界🗝
何がリアルで何がゲームの世界なのかわからなくなってくる。

チャッキーもキティちゃんもハーレークイーンもビートルジュースもキングコングもジュラシックパークも🦖💨
もうカオス笑
映画好きなら絶対にやにやするやつ。

シャイニングの映像空間に入れるなんて、また粋な。
ワクワクドキドキひやひや、楽しかった➰🎮

わたしならギズモからのグレムリンだな。
とても上手くまとめているなぁ。と思いました。 いかにもなゲームキャラと物語に感情移入出来るか不安でしたが、そこはスピルバーグの凄さなのでしょうか? 大部分で楽しく見ていましたね。

劇中に知っているキャラクターが出てくるからとはしゃげる年齢でもないので、その辺は冷静に見ていましたが、『シャイニング』にはリスペクトを感じましたし。
80'sの知っている楽曲が沢山かかると頬が緩みましたね。

リア充になれば誰しもがリアルの方を選択するのかは、ちょっと疑問でした。
もっと若い脚本家と演出家が作ると違ったラストにもなりそうな気にもなりましたね。
スピルバーグの選択はリアルなのでしょう。
アーカムナイトが何気に出てて嬉しかった!ワーナー系は出しやすかったんやろうけどディズニー系キャラはあんまり出せてないとこに大人の事情を感じる。引用元のポップカルチャーの作り手やったスピルバーグが作っただけあってオタクサービスだけのような作品になってなくて好感を持ちました。
yuu

yuuの感想・評価

4.0
オアシス3つの謎。イースターエッグ。現実だけが本当の意味でリアル。
ショウ

ショウの感想・評価

4.2
ワクワクドキドキハラハラ!!
ずー

ずーの感想・評価

4.0
05/26 2D
06/03 3D
IMAXの迫力も凄かったが、作品自体で序盤から内容が濃く、最後まで見飽きないストーリーだった。バーチャルな世界観とガッツリCGはあまり得意ではなかったが、すべてを吹き飛ばす面白さで、散らばっている小ネタを見つける為に繰り返し観ても良い映画。俺もガンダムで行きます。
アクションも最高だったけど一番印象的だったのはダンスパーティーの場面だった。
色合い、カメラワークの合わさり方がとてもロマンチックだった。CGは不可能なことを限りなくリアルに近づけるもの、のイメージだったけどこんな内面的(?)でロマンチックな表現もできるのか。と関心した。ああいうディスコっぽい雰囲気のシーンって こいつら今ラブラブやけど次で亀裂が入るな。というフラグ立ちますよね。

オタク達の夢と情熱溢れる映画でとっても良かったです。
>|