レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.0

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

まず最初に一言。
最高です。
ゲーム、映画、音楽、ポップカルチャーを愛するすべての人、必見。
これからの世の中、バーチャルとリアルのバランスがますます重要になる。
邦題は原作の「ゲーム・ウォーズ」のほうが良かったかも。
怖いけれど、「シャイニング」は事前に観ておいたほうが良い。
文句無しの満点。
伊月

伊月の感想・評価

3.8
映画館で4Dで鑑賞。
自宅のテレビ画面で見ても楽しめるのか??
235

235の感想・評価

4.5
観終わった後思わず、面白かった〜!と言ってしまった
いや、まぁそういうもんなんだろうとは思うが。
いやはやどうしても思ってしまう…
主人公の男の子、リアルだとちょっと残念じゃね?

最近は歳のせいか、そういうお年頃か(結局歳のせい)
頭空っぽで観られるエンタメ映画ばかり観ている。
本作もその代表的一本である。
自分がよく知るマイナーめなキャラが出てくると、応援していた歌手が有名になるような誇らしさも味わえるという。
どこかお得な気持ちになれる本作。

何か取り立てて話す部分はないが、まぁ暇ならどうぞ?と言える作品であった。
kima

kimaの感想・評価

3.7
とても今風で痛快。
音楽にシンパシー。

ポップカルチャーも歴史が積まれていくとこういう表現になっていくのね。面白い。
見たことあるキャラがあちらこちらに。

親と子供が同じもの見て育ってるからね。
そういう意味でも新しい世代ならではの映画。

序盤のカーアクションで結構掴まれた。少し長く間延びはしたかもだけど。
ヱミリ

ヱミリの感想・評価

4.0
記録
超大画面とかVRで見たくなる!なぎりなと見ててずっと「うわ~~!」とか声出してた記憶😂それくらい未来のわくわく感すごかった!1人で部屋でVRつけながらダメージ喰らうシュールさは笑っちゃう。

このレビューはネタバレを含みます

トータル・リコールやピクセルと同じ
期待感で観たからある意味裏切られた。
こういう言い方は失礼かもしれないけど
全体的に"思っていたより、!"という感じ。

ちょこちょこ伏線も張ってるし、
作品そのものがゲーム的な雰囲気。
細かいとことガバなとこの差にモヤモヤもするから
爽快に面白い!ではないけど良かったかな◎

家でダラダラしながら観るのが丁度良さそう。


個人的には現実世界がもう少し欲しかったかなぁ
街中でゴーグルをつけて戦ったり
行進したりしてる姿は滑稽も烏骨鶏!!()
後半の郵便配達車に乗るあたりからが結構好きw


サイバーパンクというか
電脳的な世界が主題の作品って
日本要素や表現がよく出てくるよね。

日本人役は大抵日本人ではないし
細かいところはガバだったりするけど、
日本ってこうやって見えてるんだなぁって
少し嬉しくなるよね。隠された愛国心、?


ガンダムは完全に監督の遊び心だよね?w
なぜか某ア○ロの名台詞じゃなくて
謎の瞑想によるタメがあったり、
稼働制限がウルトラマンのソレだったりするけど、
余程ガンダム出したかったんだなぁっえ思う。笑
こんな世界があったらなぁ、と思う作品でした。
とてつもないファンタジー感と、それについていけるCGがすごいですね。見ていて気持ち良かったです。
現実よりもバーチャルの世界で生きる人の方が多い、そんな未来が来るのではないかと思いました。
最後はハラハラドキドキさせられました。
なんかグリーンランタンみたいな感じ笑
なんかこう言うSFの設定ほんまの意味で近未来でけどどっか懐かしい感じ笑
子供の時こういう事考えたなーって思いながら見てました。
>|