レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.0

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

ジム

ジムの感想・評価

4.0
わかりやすいサクセスストーリーと程よく推理できるレベルの伏線とその回収具合で最後まで気持ちよく鑑賞できた。

映像の表現にはかなり驚かされるし、日本の作品へのリスペクトも感じられた。

このレビューはネタバレを含みます

近未来に起きそうなことを題材としていて、少し考えさせられる映画だ。大半がアニメなのが残念。
kurumi

kurumiの感想・評価

3.5
今流行りの単なるCG映画かなって思って見たら、流石スピルバーグ!面白かったです。
80年代へのオマージュが凄すぎる
何回見ても楽しめそうです。
自分の分身(アバター)がゲームの世界に住んで、そこでは何でも自由にでき(冒険、戦い、仲間つくり、恋愛、投資、起業…)、そこで稼いだお金はリアルの世界でも通用する。ゲームの世界とリアルの世界が混然一体となったような未来。TVゲームはインベーダーゲームで早くも卒業、以後ほぼやってない私はこういう作品はどうも苦手。
          *
でもスピルバーグ監督作品だから話に入っていきやすかった。「オアシス」という壮大なゲーム世界を開発した偉大な天才が死ぬ前に残した謎、それを最初に解いて3つの鍵を手に入れた者には莫大な賞金が出て、オアシスの運営権が手に入る。
          *
なるほどね。海賊が残した地図を手掛かりに宝探しの冒険にいく「グーニーズ」みたいなものですね。謎を解くためには一人では無理で仲間が必要、そして組織ぐるみで賞金を狙う悪者キャラのライバルも登場する。仲間との絆が強まって、それは途中から愛に変わっていきながら、悪い奴らに打ち勝って我らがヒーローは最終ゴールへ・・・
          *
これくらいの心の準備はしておいた方がよかったかも。(導入部分はわかったが)一つ一つのエピソードはなんだかよく分からないまま、ストーリーは最終ゴールへ。
          *
一つ一つのエピソードは分からなくても、この作品に出て来る昔の(主に80年代)映画の話やら、名作映画のオマージュをわかったよと思えることが映画好きの密かな楽しみになるのだろう。「フェリスはある朝突然に」「キングコング」「シャイニング」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ジュラシック・パーク」「アイアン・ジャイアント」「メカゴジラ」「ガンダム」・・・どれくらいわかるか試してくださいな。(Wikipediaにはそのことがビックリするほどたくさん列挙されていて、ほとんど気づかなかった私はまだまだだなと・・・(いやいやその多くはどちらかと言えば敬遠しているジャンルだから仕方ないと自分を慰める)
オマージュ祭り。全てのオマージュ見つけるのは難しい。それくらい出てきて見ててとても楽しかった。個人的に「シャイニング」の部分が多めで嬉しかった。「現実だけが本当にリアルなものだから」この台詞は現代社会に生きる我々に言っていると思う。ネットに生きるのではなく現実に生きることで生の喜びを知れると思う。
Take

Takeの感想・評価

3.8
ビバ!1980年代!
君はいくつ捧げられたオマージュを見つけられるか!
etoile

etoileの感想・評価

3.1
ゲーム、映画、アニメ、
たくさんのオマージュが数えきれないほどでてきて目が忙しい。

これは吹き替えで観たほうがいいね。

レースのシーンがすごくて感動した!

長めのシャイニングの再現シーンすごいな。
直前にシャイニング観たのでニヤニヤしてしまった。
ローちゃんありがとう!
YF

YFの感想・評価

3.9
前に観たアイリッシュマンがスコセッシの集大成的映画なら、レディプレイヤー1はスピルバーグの集大成的映画なのだろう。ハリデーの最後のセリフとか、今まで自分の映画を見続けてくれて楽しんでくれた人に対する遺言にしか思えなくて、ちょっとジーンとなった…改めてスピルバーグの偉大さを知る映画だった。できれば映画館で見てみたかった…
元ネタがガンダムとかゴジラとかシャイニングとかしか分からなかったけど、ほんの一瞬しか登場しないやつとかもあるから、2回目以降はキャラ探しも兼ねて見てみたい。
ネットフリックスで鑑賞しましたにゃん

随所に名作のオマージュがあって楽しめましたにゃん😸
みかみ

みかみの感想・評価

4.0
ウオー!とかワー!とかずっと言ってた
>|