レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.2

あらすじ

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円を…

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして想 像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

Go

Goの感想・評価

4.0
さすが、平日昼間、しかも上映期間の後半ときたもんだ!
劇場を独り占め状態で鑑賞😁。
うまくアバターとリアルが融合していて、サブカルネタにニマニマしながら、リアルの展開にハラハラ出来るという、なんとも贅沢な作品。
あった言う間の鑑賞でしたが、あれだけの内容を上手くまとめられる手腕が、さすがスピルバーグ!
というか、どれだけオタク文化好きなの!?😁
ネット文化やゲーム・アニメに興味がなければ辛いかな~。
…これ、「2」もできそうですね。伏線回収まだのものもありましたし😁。
hase

haseの感想・評価

3.5
展開の早い映像に字幕を読むのが大変。
小ネタを発見出来たときの「あ!!♡」体験は楽しい。
あと、初めてデートに行ったのが月曜日だったらもっとグッときたのに、といういちゃもん。
4DXで観ました。
いやー面白かった。
お金はらって見る価値あり!
Nori

Noriの感想・評価

4.0
2018.5.24

鑑賞日記。
ready....
player one...
さとう

さとうの感想・評価

4.0
3Dで鑑賞。
ゴジラ、ガンダムなど日本のキャラクターが登場して、テンション上がった。
シャイニングのシーンも血の海なるでー思いながら見てたらほんまになった笑
みう

みうの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃ当たり映画!ハリウッド!(笑)
話も映像も音楽もちゃんと良いし、エンドロールの最後まで音楽がいい!

ワクワクするし楽しくて、映画館にいるの一瞬忘れるくらいめっちゃ熱中して見てしまった

ハリデーは死後あの世界でアバターではなく実際に生き続けてるかも
仮想空間で実際に人は生きていく未来を示唆してるのかも!
みたいな目線で見てしまう(笑)

IMAX3Dでみたけど、3D感はそんなに無かった...(笑)
でも、IMAXの音は迫力あるし前の方の列で見るとすっごく入り込んでしまう!
yumeayu

yumeayuの感想・評価

4.0
俺はガンダムで行く!!

子供のころに想像していた夢のような世界が目の前のスクリーンに広がる…。

まさかスピルバーグ映画にガンダムが登場するなんて(決めポーズはZZ)!
まさに70・80年代に少年少女だった大人たちへのご褒美のような作品でしたね。

原作があるとはいえ、スピルバーグはやっぱり天才。
いつまでも忘れることのない子供心、アニメやゲームに対する愛情、それを見事に映像化する映画監督としての力量、どれをとっても称賛に値します。
逆に言えば、スピルバーグ以外に誰が今作の監督ができるっていうんだ!

70・80年代のポップカルチャー、サブカルチャーがフューチャーされているということで、観る前はもっとディープでオタクっぽいのかと思っていましたが、全然そんなことはなかったですね。
近未来SF映画としてはもちろん、スピルバーグらしい少年少女が大人たちに立ち向かうジュブナイル映画としても単純に面白いし、元ネタを知らなくても十分に楽しめる。
実際、アバターではなくて生身のリアルな少年少女が活躍するシーンもすごく面白かった。

とはいえ、70・80年代カルチャーの力強さを改めて認識させられる作品であったのは間違いないです(劇中には90年代以降のキャラクターも登場しますが)。
あの時代の底抜けに明るい雰囲気はやっぱりすごい。僕は子供だったのであまりよく覚えていませんが、いい時代だったんですかね…。
劇中の世界のように、未来に希望が持ちにくい時代だからこそ、余計にそう感じさせます。

しかし、今作はただノスタルジックな気持ちに浸るだけの映画ではありません。
「ネットや仮想世界だけではなくてリアルな生活も大事にしようね」という現代の若者に向けた(いつまでも子供のままの大人への)メッセージもちゃんとありましたね。
だけど、決してアニメやゲームを否定している訳じゃないところが、スピルバーグらしい。

近い将来、あのOASISのようなVR世界に行くことができるのでしょうか。
ワクワクするけど、オンラインゲームは苦手だし、大金なんてつぎ込めないからきっと弱いんだろうなぁ。
ガンダムなんか手が届かなくて、所詮ジムなんだろうなぁ…。超弱そう…。


…最後に。
思うことがあるとすれば、これだけ日本のカルチャーが登場している作品を日本が作れなかったという不甲斐なさ。難しいのはわかるけどさ…。悔しいよね。
Hn

Hnの感想・評価

3.8
観ててひたすら楽しい映画!色んなキャラクターが出て来て、知ってるのを探してました。一回じゃ探しきれないと思いました。唯一残念なのが、メカゴジラが全然違ったこと。
オタクの作った映画
監督のポップカルチャーへの愛に泣く
盛りだくさん
夏帆

夏帆の感想・評価

4.1
3Dで鑑賞。
もう一度見直したい。
行く前にシャイニング見とくべき。