レディ・プレイヤー1の作品情報・感想・評価 - 994ページ目

レディ・プレイヤー12018年製作の映画)

Ready Player One

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:140分

4.1

あらすじ

「レディ・プレイヤー1」に投稿された感想・評価

「最高」が最高に詰まったエンターテイメント。素晴らしい作品。その一言に尽きる。

まず、冒頭BGMのヴァン・ヘイレンの「JUMP」 もうこの時点で僕のテンションはめちゃくちゃハイに!!(笑)
これからワクワクする展開がくるのなんだろうな~~と!!
そのテンションを維持したまま、舞台背景や人物紹介などなどあり、第一の試練に。IMAXのデカイスクリーンでみたおかげもあるけど、カーアクションの迫力がすごい!!T-REXとかキングコングが暴れてるし、開始して10分たたずして、クライマックスかな?(笑)

そして、ストーリーを楽しむのは当たり前だけど、細部にちりばめられた有名キャラを探したり、映画のオマージュなどを探しては笑うことの繰り返し。

個人的におお!って声が出るくらい(小声でね)テンション上がったのが、ダイトウの「俺はガンダムで行く!」のシーン。ここのセリフは日本語なんだよね。それも憎いなと(笑)
○○vsガンダムの戦いとかアツ過ぎるでしょ!!スピルバーグ監督の日本愛が詰まってるなとひしひしと感じた。

いっぱい書きたいことはあるけど、もう最高しか言えない。映画、アニメ、マンガ、ゲーム、音楽とかサブカルチャーな物が好きな人はほんとに見てほしい作品です。
wasico

wasicoの感想・評価

5.0
満員の為、最前列。けど首痛い事も忘れてしまうくらい良かった。

色々込み上げてくるけど、とにかく、スピルバーグ、最高の作品をありがとう!!
ゆか

ゆかの感想・評価

4.5
時間を忘れてしまった。

「ゲームの世界」という違和感は一瞬。あっという間にエンターテイメントの世界に入り込んでしまう。映像の迫力は圧巻で、意識しないと瞬きしそびれてしまう。ストーリーも非常に面白く、しっかりしている。作品内に色んな映画やゲームの破片がちりばめており、好きな人にはたまらないだろう。
FASK8FUCKS

FASK8FUCKSの感想・評価

4.5
この作品を劇場3Dで観れた事を幸運に思う。
鑑賞後にパンフレット読んで、気づかなかった点だらけなのに驚き。
このアトラクションは、もう一度体験したい。

このレビューはネタバレを含みます

シャイニング出てきたんわテンション上がった!それ以外でも普通にめちゃおもろかった!
誠治

誠治の感想・評価

4.0
ちょっと前?昔?「アバター」が大ヒットしたが、アバター映画の最新版。
当初、アバターという概念自体が目新しかったが、既に当たり前の世の中なのね。怖い怖い。
ガンダムvsメカゴジラの日本でも実現していない対決が興味深い。
日本人なら考えもしないまさかの対決。仮面ライダーやウルトラマン、マジンガーにも出て欲しかったな。
ま、ひと言で言ってゲームみたいな映画。
実写部分はスピルバーグ臭が確かにするが、CGが多すぎて或る種CGアニメを観てるようなもの。確かに技術は凄いけどね・・・
しかし、スピルバーグのキューブリック愛には驚く。ここまで、あからさまとは。
「シャイニング」と「AI」再見しよかな。
なっけ

なっけの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ゲーム好き、映画好きにはアツイ映画だった。
ガンダム、メカゴジラ、かっこよすぎ。
スピルバーグとアランシルヴェストリの組み合わせでハズレはない。
好きなFPSは「ゴールデンアイ」……分かってる…。
デロリアンも、ちゃんと次元転移装置まで再現されてて完璧。
あーもー最高すぎた!!!
あんまりこういうの好きじゃないんだけど、評判よすぎて見て見たくて、そしたらもう最高!!
ゲームとかあんまり詳しくないけれど、もうなんかCool Japanがぎゅうぎゅうに詰め込まれていて、スピルバーグぱいせんありがとう!って感じ。
騙されたと思ってみんなに見てほしい。
今度はIMAX 3Dでも見てみたい!
映画云々より、ああいう連中が街に溢れかえる未来が容易に想像できて暗澹たる気持ちになった
meco

mecoの感想・評価

4.5
2Dでもかなりレーシングシーンは楽しめましたが、これは3Dで観れば良かったと後悔!!
おなじみのキャラクターがふんだんに登場し、そのたびにニヤリとしてしまった。やや日本かぶりな映画になっているが(忍者のイメージが笑える)、だからこそニヤリな映画でした。