クワン

素晴らしきかな、人生のクワンのレビュー・感想・評価

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)
3.0
哀しみに暮れたウィル・スミスを見続けるのは辛い。
普通の役のエドワード・ノートンは本当に普通のおじさん。
ナオミ・ハリスは美しく、味わい深く非常に良かった。
ケイト・ウィンスレット。こういう作品ではインパクトない。
やっぱりヘレン・ミレンが出るシーンはグッと引き付けられる。
邦題があの名作を重ね過ぎてどうなのだろう。
大切な家族を亡くした人がどう哀しみから立ち直るのか、、
リアリティとファンタジーの間でややぼやけてしまったように思える。