素晴らしきかな、人生の作品情報・感想・評価

素晴らしきかな、人生2016年製作の映画)

Collateral Beauty

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:97分

3.6

あらすじ

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思…

ニューヨークの広告代理店で成功を収めていたハワード(ウィル・スミス)。しかし彼は最愛の人を失い、深い喪失感に見舞われ、プライベートも仕事もやる気なし。会社も危ない。同僚たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)もそんなハワードと会社を心配していた。そんなある日、人生ドン底のハワードの前に3人の奇妙な舞台俳優(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン他)が突然現れた。不可思議な言動をハワードに投げかける年代も性別も異なる3人。しかし、その出会いによってハワードに徐々に変化が。

「素晴らしきかな、人生」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ウィルスミスの演技がよかった。かなり前に鑑賞した「7つの贈り物」と役作りの雰囲気が似ている感じがした。主要キャストが全員,心に悩みをもっているところが,この作品のオチに繋がるが,最後のオチも心に響く。
人生何が起こるか分からない。弟や息子を亡くした自分には,この作品のメッセージはよく伝わった。
yoshis

yoshisの感想・評価

2.7
ウィルスミスは、メンインブラックやインディペンデンスデイ、バッドボーイズ等のコミカルな演技のイメージが強い。今回のようなシリアスな演技もいいけど、やっぱコミカルな演技が好きだな。
naonyan

naonyanの感想・評価

2.8
好みではなかった。邦題もいまいち。
ウィル・スミスには暗い顔の役はやっぱり似合わないと思う。いろいろと文句を言いたくなる映画
にし

にしの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

愛情、夫婦の愛、親子の愛、親友の愛、同僚の愛、ふとした縁で生まれた愛、色々な愛に溢れてた。最後のまさかに驚き。最後の歌よかったな。誰のかな?
Sayuri

Sayuriの感想・評価

-
愛、時間、死
なかなか体現どころか表現が難しいものを演じてるところがすごかった
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

1.5
映画の内容はちょっと重いが、子供の死についての話。観たのはウィル・スミス主演の「素晴らしきかな、人生」。6歳の娘を亡くしたウィルが二年も仕事放置、友達放置、悲しみに溺れて、頭がちょっとおかしくなってる。ある日、彼が3通の手紙を書く。送り相手が”死”、”時間”と”死”。ほかの俳優たちの演技も素晴らしかったが、この映画はカッコつけてるような感じで、わざと観客を泣かせる物語。スローペースで人間の関係性を簡単にまとめようとしてる。あのわざ感が気に食えない。申し訳ないですが、僕はこの映画を高評価は出来ません。エンドはまさかって感じじゃない、なにそれ?
クワン

クワンの感想・評価

3.0
哀しみに暮れたウィル・スミスを見続けるのは辛い。
普通の役のエドワード・ノートンは本当に普通のおじさん。
ナオミ・ハリスは美しく、味わい深く非常に良かった。
ケイト・ウィンスレット。こういう作品ではインパクトない。
やっぱりヘレン・ミレンが出るシーンはグッと引き付けられる。
邦題があの名作を重ね過ぎてどうなのだろう。
大切な家族を亡くした人がどう哀しみから立ち直るのか、、
リアリティとファンタジーの間でややぼやけてしまったように思える。
Nori

Noriの感想・評価

3.5
2018.5.26

鑑賞日記。

愛、時間、死
いい話
しかしいい話止まりだと思う
もっと殻を破ってほしい
けど自分は娘が死ぬ状況下にあったことがないから何とも言えない
主人公のようになるだけでもすごいことだったのかもしれない
>|