赤足

ダークタワーの赤足のレビュー・感想・評価

ダークタワー(2017年製作の映画)
2.8
スティーブン・キングが長年の歳月をかけ完成させた超大作!全7部構成。

巨大なタワー、拳銃使いの戦士、魔術を操る黒衣の男が現れる悪夢を見続けていた少年ジェイクは、ある日夢で見た中間世界と呼ばれる異界が現実世界とつながっている場所を発見する。中間世界に導かれたジェイクは、世界のバランスを維持するタワーの守護者であるガンスリンガーと、タワーを破壊しようとする黒衣の男ウォルターとの戦いに巻き込まれていく。というあらすじ

厨二病やそんな設定の世界観が好きな人にはマッチしているが原作を読んで無かったためなのか?説明不足過ぎたのと、各主要人物などのキャラの掘り下げや、肝心のタワーは出てくるものの、タワーも守っているという設定にも関わらず、完全に放置し攻撃され放題で何してんねんっとツッコミ入れたくなるほど( °◃◦)で設定もブレブレな感じで完全にピンボケしてるんじゃないかと思ってしまった。

良い点としては少年とガンスリンガーが現代NYで異世界とのギャップがあったりと徐々に心を通わせていく流れとシーンは微笑ましくて面白かった。

設定や素材は凄く魅力的なのだが、やはり95分という上映時間内に詰め込過ぎたのと、説明不足と荒が目立ち、設定を活かしきれてなかったのは、非常に残念で惜しかった。

出来れば三部作や海外ドラマ化などでも可能な設定で、ある意味ウケそうなので是非ともしっこりと脚本を練って製作してほしいと思った作品であった。