ダークタワーの作品情報・感想・評価

「ダークタワー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

あんな能力持ってる敵ボスが銃で負けるのが腑に落ちない。結局、主人公の少年の能力もイマイチ分からんし
もやし

もやしの感想・評価

4.0
スティーヴン・キング原作。
7冊にも渡る大長編小説で、何度か映画化の話が出ては立ち消え、というのを繰り返していたところからの映画化だそう。

たった95分の映画にしてしまうんだからすごいよね笑

その前情報から察してしまうような映画だったわけだけど、どこか特別な感じはあって、好きな人は好きかも。



主人公の少年は1年前から毎日奇妙な夢を見る。
異世界のような所に巨大なタワーがあり、それを攻撃してる集団がいること。そしてそのタワーが崩壊すると世界が滅びるということ。そしてタワーを守る2丁拳銃の男。




当然の如く主人公は精神病を疑われる。
親に信じてもらえないって辛いね。



敵の組織のリーダーは糞強くて、敵の心理を自在に操れるという超ぶっ壊れ能力。
だが2丁拳銃の男達、ガンスリンガーの最後の生き残りの男だけにはそれが通じない。

その二人の最終決戦は必見です。
すげえ地味な戦いだけど斬新で面白かったです笑




もう元が大長編小説ってことで、一つの会話に一つは新用語が出てくるという混乱ぶり…笑
でも何故か話としては理解できるんだよな笑


主人公も圧倒的な能力を持ってるということなんだけど、それが開花する前に本編が終わってしまう笑
若干片鱗はあったけどもね。


一周回って面白い、という類の映画でした!笑
うと

うとの感想・評価

3.0
スティーブンキングの世界が実は…みたいな小ネタがあってニヤリとするも比較的ありがちな設定かなぁと。
エアガンで遊んだ男の子ならこういうガンアクション絶対好きでしょう。ウォンテッドより上があった
Mac

Macの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

個人的感想記録

原作は一巻だけ子供の頃に読んだ記憶が。
ストーリーは覚えてないけど、過激だった印象がある。
この作品はというと、そんな感じはない。
子どもを主人公において、ガンスリンガーとのバディもので、子どもが観ても楽しめるだろう。
原作が長いから、そのどの辺りを映像化したものなのかわからないし、こんな雰囲気だったっけ?と思ったりしたが、かなり過激度を落としたんじゃないかな
主人公のガンスリンガーのアクションがものすごく良い。
ストーリーも単純なので観やすい。

また、スティーブン・キング作品をいくつか事前に観てると、「あれ?これって…?」となるかも。
totoruru

totoruruの感想・評価

3.3
ガンスリンガー🔫かっけ~~~~😆


余り評価は高くない作品みたいですが、単純な私は結構楽しく見れちゃいました😄



原作はスティーブン・キング。

ジャンルはSF・ファンタジー・アクションでしょうか、ほんと振り幅の広い作家ですね

原作は全7部構成ということで、原作のどの部分を切り取っているのかはわかりませんが、95分で納めるには厳しいような😅

それでもストーリーが破綻することなく、時間内で上手くまとめたのはニコライ・アーセルの脚本力によるものなのか🤔

因みに本作で監督・脚本を担当しているニコライ・アーセルは、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』『特捜部Q』シリーズの脚本を務めている方です。

監督作には『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』があります(脚本も担当)。





先に述べたように時間が短いため、ストーリーに深みが無いのは否めない。

それでも世界観をや映像は悪くないし、何よりガンスリンガーのアクションがカッコイイ。

中盤の少年の位置を把握して射撃するシーン。

終盤の無双シーン。

銃にタマを装填するシーン。

いや~個人的にツボりました😆
>|