アンガス

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのアンガスのレビュー・感想・評価

5.0
ジャングルへようこそ‼︎

本日映画サービスデーということで、ハシゴです〜。

一本目は「ジュマンジ」。
僕はパート1の存在は知ってはいるものの、まるで興味が湧かなく、見てません(笑)。
本作も、それ程惹かれるものがなかったんですが(ごめんなさい)、ただただジャック・ブラック見たさで足を運んだという。

ナヨナヨジャック、最高でした‼︎振り切った演技が出来る人じゃなきゃ、こんなのムリです。キャスティング大成功‼︎お色気レクチャーのシーンなんか、爆笑です。マジ卍‼︎

オレ様ドウェイン・ジョンソンも良かったですね(彼の出演作は初めて観たかも)。
80年代なら、シュワちゃんが受け持っていたようなスタンスです。
フェロモンダダ漏れ(笑)。

でも僕が一番良かったのは、マーサ役のカレン・ギランでしたね。ちょっと色っぽいけど、容姿と性格にギャップがある。ダンスシーン(‼︎)は最高でした。「BABY,I LOVE YOUR WAY」流れるし。

「ジュマンジ」なる謎のゲームを手にしたスペンサー達4人の高校生。ゲームを始めると、何と4人はゲームの中へ‼︎現実の世界に戻るには、ジュマンジの世界にかけられた呪いを解かなくてはならない…。
「レディ プレイヤーワン」もそうでしたが、映画の主人公は、現実のキャラクターと、仮想世界(ゲームの世界)のアバターがいます。
「レディ〜」の方は、自分が一番なりたい姿をアバターに反映できてましたが、本作では主人公4人のアバターは、自分が憧れている姿とはまるで違う。イケイケ美少女のアバターがまさか…(笑)。

自分の容姿や性格に自信を持てない(殻を被ってしまっている)4人が、ジャングルの中でそれぞれに与えられた特技を駆使しながら、時にその能力を信じきれないながらも、仲間と共にゴールを目指します。

エンターテイメントとして、充分に楽しめます。
そして終わる頃には、実はとんでもない感動が待ち受けています。
エンディングは勿論、ガンズ&ローゼズの「Welcome to the Jungle」‼︎
これは思わぬ傑作に出会えました。