ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル2017年製作の映画)

Jumanji: Welcome to the Jungle

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」に投稿された感想・評価

こぅ

こぅの感想・評価

3.8
ジュマンジをリメイクした【アトラクション・
アドベンチャー】。

学校の地下室で居残りさせられていたスペンサー(アレックス・ウルフ)、ブリッジ、マーサ、べサニーら男女4人は、ジュマンジという名前のソフトが入った古いゲーム機を発見し、プレーするキャラを選択すると、ゲームの世界に入ってしまう…。

気弱なオタク、スペンサーがマッチョのブレイブストーン(ドゥエイン・ジョンソン)や、美少女が太った地図学者オベロン(ジャック・ブラック)というアバターに変わってしまうという設定や、3回死んだらゲームオーバーという新設定は面白いが、姿を変えた学生4人が、ただ単純にジャングルでサバイバルしているだけ〜にも映る。

ジャックの演技が今ひとつ物足りないという意見も聞こえてきそうだが、彼がオカマみたいな役柄の為か、いつもより【ひとり暴走】していないので、他のキャラとのバランスも良いと感じた。
アベンジャーズ組の美女戦士カレン・ギランのアクションは意外にショボい。

本作の直後に【オリジナル版】も鑑賞したが、レトロなボードゲームで、現代にジャングルから何かがやって来るという設定は、今観ても色褪せない面白さ。

エンディングはとても良い。

エンドロールにはドンピシャのあの曲。

【オリジナルとは別物】として捉えればそれなりに楽しめた。
romio

romioの感想・評価

2.8
ボードゲームからVRに、しかし中身はブレックファストクラブという、時代とともに移りゆくものもあれば変わらないものもある、そんな作品だ。

内容については、見て楽しもうぜというわけだが。
今作でも何しろ、ドウェインジョンソンが最高である!!
そしてこの作品は、そんな彼になれるという夢を叶えてくれる!
めっちゃ走れる!めっちゃ強い!マッチョや!!という驚きが画面から伝わってきて本当に楽しい!(キメ顔最高!!)
ともすれば、大惨事になりそうな作品だけれど、ジャックブラックはもう女にしかみれないし。素晴らしいかぎりだ。
あと、カレン・ギランの腹筋が美しすぎて眩しい!!
れいな

れいなの感想・評価

3.6
ジュマンジ、まじマンジ
っていうCMが嫌すぎて見てなかったけど
普通に好きなやつでした
予想よりは楽しめた。
前作の続編と思っていたが、全く別物でジュマンジってタイトルじゃなくていい
ウェルカム・トゥ・ジャングル

このタイトルの映画にしてほしかった。子供の頃にゴールデン洋画劇場で観た1作目のファンとしては。

なんとか『ジュマンジ』の名は付けないで、オマージュ作品として作れなかったものかと…。そしたら評価もだいぶ変わって来るかな。内容や設定は面白い。
例えば1作目ではボードゲームだったジュマンジの類似品のパチモノゲームソフトが世に出て、パチモノだけにいい加減な作りでマジ卍な世界『ジャマンジ』‼︎みたいなさ。名前もパチモノあるあるでちょっと文字変えてるだけとか(笑)

何人かのレビュー見てると、フェロモンダダ漏れのロック様のキスシーンが話題になってたけど、確かに笑えた。チョベリグって感じだね‼︎
娯楽映画として良質な作品という印象。
ジュマンジのテイストを現代にしている部分が強く、ゲーマーが喜ぶ小ネタが多い。ゲームの中なら強キャラ設定という構造は日本のラノベみたいだなとも思った。酒を飲みながらでも、コーラにスナックでも楽しめる辛気くさくないムービー。感動や泣ける要素は少ないが、『まあ、観て良かった方かな』くらいには無事着陸できると感じている。
引くほど笑っちゃった ゲームの世界に入り込むことで色々なことの本質に気付いたりするところもとても良かった最後泣きかけた
子供も興奮してたなぁ。

ロック様がかっこよすぎる問題ですな。一度でいいからあんな身体になってみたい!

リメイク?続編?そんなことは関係なしに楽しめますね。
Yamamo

Yamamoの感想・評価

3.0
ロビン・ウィリアムズの前作とは全くの別物。

別物だがTVゲームの設定を上手く活かしていて、何も考えずに普通に楽しめる。

主演はドゥエイン・ジョンソンだが主人公はドゥエイン・ジョンソンではない。
オタク設定も良かった。
飛行機で鑑賞(英英)。なぜ映画館で観なかったのかすごく後悔。