セトウツミ(2016年製作の映画)

上映日:2016年07月02日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:75分
    監督
    大森立嗣
    原作
    此元和津也
    キャスト
    池松壮亮
    菅田将暉
    中条あやみ
    鈴木卓爾
    成田瑛基
    岡山天音
    奥村勲
    笠久美
    牧口元美
    宇野祥平
    あらすじ
    高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。瀬戸は樫村のことが好きだけど、樫村は内海が気になっていて、内海はそんな樫村につれない素振り。さらにヤンキーの先輩鳴山(成田瑛基)や謎のバルーンアーティスト(宇野祥平)たちが、二人の日常にちょっとした波風を立てていく。まったりと流れる時間の中で移り行く季節。瀬戸と内海の無駄話は止まらない・・・。

    「セトウツミ」に投稿された感想・評価

    中条あやみちゃんかわいすぎる、天使か
    家で見るのにちょうどいい
    なにがって訳じゃないけどすき
    このユルイ感じ、たまらん
    ダラダラと過ごす、関西高校生の日常。河辺の会話劇に終始しており、何らカタルシスがある訳でもないが、悪くはない。

    ただ、至高の映画体験とはならないな、と感じました。

    「神妙な」が個人的に好きでした。
    ダラダラとしょうもない事を喋り合う関係👍
    アマゾンプライムビデオにあったので観た。
    『帝一の國』をみて菅田将暉が気になっていたというのも理由の1つ。
    『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』をみて池松壮亮も少し気になっていた。

    はじめは、「これ映画でやる意味ある?」と疑問を持ちながら観ていた。
    途中でエピソード0が挟まれたところでなるほど、これは意味があると納得。映画が終わる頃にはこの2人の会話をもっと聞きたいと思っていた。

    まさか、この映画1日で撮影しているのでは?!なんて思いながら観ていたけど、調べたら撮影日数は約10日間とのこと。
    おもろかったけど死ぬほど生産性ない75ふん
    池松亮介おっさんみたいだけど、超馴染む。ふたりのゆるい掛け合いと、関西弁がよくて、不思議な間にひきこまれる。
    最後二人の息がまとまって、セトの誕生日のときいいとこ10個言わせるとことか、スマホケースもがちゃがちゃも買わされるシーンすき。

    神妙な面もちの競争するとこもすき。あの笑いできてないし、腹立つわw
    節がある選手権もおもしろい。
    そういう、節があるよな。

    そして、中条あやみちゃんが細くてアイドルみたいでかわいい。
    >|