セトウツミの作品情報・感想・評価

セトウツミ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月02日

製作国:

上映時間:75分

3.7

あらすじ

高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。瀬戸は…

高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。瀬戸は樫村のことが好きだけど、樫村は内海が気になっていて、内海はそんな樫村につれない素振り。さらにヤンキーの先輩鳴山(成田瑛基)や謎のバルーンアーティスト(宇野祥平)たちが、二人の日常にちょっとした波風を立てていく。まったりと流れる時間の中で移り行く季節。瀬戸と内海の無駄話は止まらない・・・。

「セトウツミ」に投稿された感想・評価

中条あやみちゃんかわいすぎる、天使か
ずっと見てたい。漫才と映画の中間。
新文芸坐オールナイトにて。
面白い!ずっと観てたい
こんなライトな映画、久しぶりに観た。原作が気になる。
orias

oriasの感想・評価

4.0
なんども笑った。映画で笑うことってほとんどない。面白かった!
Anne

Anneの感想・評価

4.0
え、なになになんで?!
自分はめっちゃ好きでした。

低評価の人もかなり居るみたいだけど、自分はめっちゃ好きでした。

しいて言うなら池松壮亮ご本人が舞台挨拶かなにかで言っていたように、関西弁がちょっと変。菅田くんの横に立つと余計に微妙なイントネーションの違いがわかっちゃうね。関西で上映して欲しくないって池松くんが言ってたくらいだからね笑、正直だなあ。

でも第3話あたりから、かなり自然な関西弁になってるし二人がだんだん仲良くなって行く様子が二人の醸し出す空気感とか、池松くんの口角が上がる数がどんどん増えてたりとかで分かって、なんかほっこりしちゃうし、男の子のこういう友情めっちゃ可愛い。愛しい!って思った。

あの女神のように可愛い中条あやみちゃんでさえ邪魔に思えるくらい、二人だけのところをずっと見てたいなあと思わせる掛け合いでした。

あと、何気に芸が細かくて二人の出会いの回想シーンでは菅田くんが元サッカー部ってだけあって学生鞄にさりげなく付けてるキーホルダーがサッカー部のスパイクとかだったり⚽️後半部活やめてからは変なマスコットにそれが変わってたり。細かいのよね、意外と😊

あと池松くん演じる内海の、「汗流して走り回らなあかんの?なんかクリエイティブなことせなあかんの?」みたいな青春への問いかけナレーションも、なにげに深いなあって思いながら聴いてた。

あとはまあ、とにかく菅田くんがかぁっこいいのなんの!太陽の下で眩しそうに顔しかめる菅田くんはもはや、芸術。猫抱きしめたり漫画読んでケタケタ笑ってる菅田くんも最高に可愛い。

完璧に綺麗な顔してるのに完璧じゃない役所やらせたら菅田くんの右に出るものいないし、脱力系でちょっと皮肉屋な冷めた男やらせたら池松くんの右に出る人いないし。絶妙なコンビだったわ。

個人的にピエロとじーちゃんのくだりが好き😂
しぼり

しぼりの感想・評価

3.7
日が昇ってから沈むまでどうでもいい無駄話を延々とする、そんか2人の青春を自分のそれと重ね合わせては勝手にエモに浸っちゃった
内海タイプすぎ
T

Tの感想・評価

3.1
連続ドラマでええやん!悪くないけど漫画で読んだ方が面白そうなテンポ。
>|