セトウツミの作品情報・感想・評価

セトウツミ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月02日

製作国:

上映時間:75分

3.7

あらすじ

高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。瀬戸は…

高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。瀬戸は樫村のことが好きだけど、樫村は内海が気になっていて、内海はそんな樫村につれない素振り。さらにヤンキーの先輩鳴山(成田瑛基)や謎のバルーンアーティスト(宇野祥平)たちが、二人の日常にちょっとした波風を立てていく。まったりと流れる時間の中で移り行く季節。瀬戸と内海の無駄話は止まらない・・・。

「セトウツミ」に投稿された感想・評価

ゆるいゆるい
ほとんど二人がしゃべるだけのシーン
タンゴのBGMがわりと似合う
実来

実来の感想・評価

3.8
ついにアマゾンプライムデビューしてしまった、、、!
漫画好きやけど映画もちゃんと良かった、池松くん出てるやつにハズレない法則
まち

まちの感想・評価

3.8
男子高校生2人がダベってるのを立ち聞きするだけの75分。その要所のセンスの良さ。好き
ぽてち

ぽてちの感想・評価

3.0
2人の高校生がしゃべってるだけの映画。『2人の会話が秀逸で面白い。』みたいなところを目指してるのかもしれないけどそれっぽいだけに終始してて肝心のボケの中身が無いように感じた。ひとつひとつのエピソードのオチの部分だけいい感じだけど、秀逸なのは第1話だけ。ずっとフレームだけしっかりしてる。それでも、2人がめちゃくちゃ親しみやすく感じるのは素敵だし憧れる。
アヤノ

アヤノの感想・評価

3.5
本当に最後まで2人の会話で構成されているのに、全く飽きずに観れました。

会話のセンスとテンポが良い。
2人が全く正反対だからこその距離感で、ゆるっとした青春を感じました。
aco

acoの感想・評価

4.5
凄い好きだった。
間の感じとか、ただただ喋り続けてるやり取り。なにこの映画!って世界観に引きづりこまれてしまった。
菅田くんはどこまでもアドリブかと思わせるセリフ回しで、さすがの関西人。
池松くんの関西弁のイントネーションがやや気になったけど、このキャラすごい合っててキャスティングが最高だった。
今期はドラマ化もされてましたね。ゆるゆるすぎるわ… でもそこがいいんですよねー。関西弁で取り留めもない話をペラペラと喋るだけ。。和む。。。みーちゃんの話は神妙な面持ちになるよね。。。中条あやみかわいいね。。。なんだろうこの気持ち。。。この文章の全部の後ろに(笑)ついてる。。。書かないけど。。。ついてる。。。
sana

sanaの感想・評価

3.5
人に勧めたいという点でいえば、今年イチかも!とりあえず一息つきたいなら観てみろって。
映画でなくてもいいかなとは思うけど。じわりじわりと笑かされて、何度も観たくなる。

原作未読だが、セリフがとても量あるので原作ではどう表現しているのか気になる。
神妙な面持ちや節がある選手権など、セリフ選びが秀逸だった。耳に残る!笑

川辺でのひまな時間を持て余す男子高校生を見てるだけなのに、間違いなく青春で、うらやましくもあり、ニヤニヤしてしまう。
だいすきな一本!
>|