セトウツミの作品情報・感想・評価

セトウツミ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月02日

製作国:

上映時間:75分

ジャンル:

3.7

あらすじ

高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。瀬戸は…

高校二年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後をいつも河原でダラダラと喋りながら一緒に過ごす。性格は真逆のような内海と瀬戸だが、くだらない言葉遊びで盛り上がったり、好きな女の子に送るメールの文面で真剣に悩んだり、ときにはちょっと深いことも語り合ったり……二人でいれば中身があるようでないような話も尽きない。そんな二人を影ながら見守っているのは同級生の樫村一期(中条あやみ)だ。瀬戸は樫村のことが好きだけど、樫村は内海が気になっていて、内海はそんな樫村につれない素振り。さらにヤンキーの先輩鳴山(成田瑛基)や謎のバルーンアーティスト(宇野祥平)たちが、二人の日常にちょっとした波風を立てていく。まったりと流れる時間の中で移り行く季節。瀬戸と内海の無駄話は止まらない・・・。

「セトウツミ」に投稿された感想・評価

ゆるいゆるい
ほとんど二人がしゃべるだけのシーン
タンゴのBGMがわりと似合う
なんだろうこの二人すごくいい。ずっと観察してたい。そういう僕も社内でとある人と話してると周りが爆笑してるのだけれど、普通に会話してるだけなのになー。
ヤバイ、意外と面白い。

私は東京出身なので、関西弁は分からないが、彼らの関西弁はちゃんとしてるんだろうか?

それにしても中条あやみは可愛い。
こんな子が同じクラスにいたら大変だ。
ちひろ

ちひろの感想・評価

3.4
わりとすき
なんで笑ってまうんやろ
自分の高校時代を思い出すから。
はぃぁぁあす
菅田将暉になりたぁい!!モテたい!!
短く、簡単で楽しい。
漫才を見てるような、と家族は言っていたが
そうゆう芸事としての完成度ではなく
あくまで男子高校生2人が頭を空っぽにして反射でする会話

ちょうど高校時代の同級生と過ごした2日間の最後に見た作品だったのでなんだかとても愛おしかった


飼い猫の物語は…ちょっと動物好きとしてはグッと来そうなところだったのだけど
ピエロの存在で違う違うこれそういうんじゃないと引き戻された


ハードル上げずに何にも考えず、ボーッと観てハハハッとちょっと笑うくらいな気持ちで観るのには良いと思う
男子高校生が座って話すだけの映画だけど、その間やリズム感がちょうどいい。
毎回オチがついてるのも良いですね。
なか

なかの感想・評価

3.5
セト君とウツミ君の会話や二人の表情が良くって、ほっこりしました。
>|